イマドキ女子の70%がInstagramの投稿で購買意欲をかきたてられた経験アリ!

イマドキ女子の70%がInstagramの投稿で購買意欲をかきたてられた経験アリ!

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/14

経済産業省が発表する「特定サービス産業動態統計調査」によると、インターネット広告の市場規模は、2006年は1200億円だったのに対し、2016年は6497億円と、約5.4倍になっている。加えて、スマートフォンの普及と共にSNSの利用者が年々増加していることから、昨今ではSNS広告を導入する企業も増えている。

なかでも、SNS上で強い影響力を持つインフルエンサーを活用するインフルエンサーマーケティングが最近のトレンドになっている。しかし、インフルエンサーマーケティングでInstagramを用いた場合、口コミによる消費者の態度変容も狙いのひとつであるため、効果が不透明になりやすいことも課題としてあげられる。

そこで、マージェリックは、Instagramの投稿に対する消費者の購買行動の実態を探るべく、10〜30代の女性を対象にアンケートを実施した。

No image

★Instagramの投稿がきっかけとなり、商品を購入したり、検索をしたりなどの行動を起こしたことがある人は70%

「Instagramの投稿がきっかけとなり、商品を購入したり、検索をしたりなどの行動を起こしたことがあるか」を尋ねたところ、「商品を購入したことがある」と回答した人が26%。「ネットで商品を検索したことがある」と回答した人が31%。「店頭に実物を見に行ったことがある」と回答した人は13%と、Instagramの投稿がきっかけとなって商品を購入したり、検索をしたりなどの行動を起こしたことがある人は70%となった。このことからInstagramの投稿がユーザーの購買意欲に影響を与えていることがわかった。

No image

★芸能人の投稿や友人の投稿が行動を起こすきっかけとなっている

「Instagramの投稿で購入や検索などの行動を起こすきっかけとなったのはどんな投稿か」を尋ねたところ、「芸能人・著名人の投稿」と回答した人が61.7%と最も多く、次いで「友人・知人の投稿」と回答した人が58.0%となった。このことから、芸能人や友人の影響力が強いということが明らかになった。

No image

★68.9%は「おしゃれな投稿」に購買意欲がわく

「Instagramの投稿で紹介されている商品を「欲しい」と思うのはどんな投稿か」を尋ねたところ、「おしゃれな投稿」が68.9%と最も多い結果となった。このことから、「おしゃれな投稿」であることが購買意欲をわかせるために重要であることがわかった。

No image

【調査概要】
調査対象:10〜30代女性
調査期間:2017年12月22日~12月25日
調査方法:インターネットリサーチ
有効回答数:Q1=1065名、Q2,Q3=264名

構成/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「今夜どう?」のお誘い。夫婦だけのヒミツのサインを作ってます
「0点」だった小学生の国語の回答が、むしろ天才的だった件!
女性社員が「仕事ができない男だ!」と感じる居酒屋の注文3選
【実話】父の「トイレクイックル」の使い方が大間違いだった話
“一番最初に何が見えたか”でわかる「恐い心理テスト」がスゴすぎる! 死、病気、裏切り... あなたが無意識に恐れていることがズバリ判明!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加