ダイハツ ハイゼット カーゴ &アトレー ワゴン、スマアシIIIを採用

ダイハツ ハイゼット カーゴ &アトレー ワゴン、スマアシIIIを採用

  • レスポンス
  • 更新日:2017/11/13
No image

ダイハツ・ハイゼットカーゴ

もっと画像を見る
ダイハツは、軽商用車『ハイゼット カーゴ』、軽乗用車『アトレー ワゴン』を一部改良し、11月13日から発売する。

今回のマイナーチェンジでは、ステレオカメラを用いた衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を採用し、衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなどを搭載。歩行者も認識する衝突回避支援ブレーキの採用は軽商用車ではハイゼット カーゴが初となる。また、リヤコーナーセンサーやエマージェンシーストップシグナル、VSC(横滑り防止装置)&TRCを「SA III」グレードに、ABSを全車に、ヒルホールドシステムをAT車全車に採用し、安全性能を高めた。

また両車ともに内外装を刷新。ハイゼット カーゴは安定感のあるフロントマスクへ変更するとともに、フロントバンパー左右には着脱可能なコーナーピースを設定し、修理費用・交換作業を低減できる構造とした。インテリアはインパネ・シートを刷新し、ブラック基調へと変更、多彩な収納スペースを確保することで使い勝手を向上した。

アトレー ワゴンはLEDヘッドランプやメッキフロントグリルの採用などにより上質感あるエクステリアとし、インテリアはブラック基調の統一感あるインパネ・シートとした。

軽福祉車両(フレンドシップシリーズ)もベースとなるハイゼット カーゴやアトレー ワゴンのマイナーチェンジ内容をスマートアシストIIIも含め反映。車いす移動車については、車いす乗車者用の3点式シートベルトを採用、さらにスロープのアシスト機構を一新したことで、収納時の操作力を大幅に軽減した。

ハイゼット カーゴ特装車シリーズもベースとなるハイゼット カーゴの変更内容を反映し、使い勝手の良さなどを向上。デッキバンの上級グレード「G SA III」「G」はメッキフロントグリルやLEDヘッドランプ/LEDフォグランプを標準装備するなど、スタイルと質感を向上させた。

ハイゼット トラックは、軽商用トラックとして初めてLEDヘッドランプを採用。さらにABSを標準装備したほか、リヤ牽引フックの取り付け構造を全車に設定した。

価格はハイゼット カーゴが93万4200円~149万5800円、アトレーワゴンが153万3600円~178万7400円、ハイゼット スローパーが161万5000円~180万円、アトレー スローパーが192万5000円~206万円、アトレー リヤシートリフトが176万円~188万5000円、ハイゼットトラックが68万0400円~122万5800円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
時代遅れの「現金主義国家」日本
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
東京モーターショー2017──EV開発競争の現状は?
【ユニクロ】ホコリがつかない&美脚効果抜群の黒スキニー
信用調査マンが解説する“企業の壊れ方”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加