最新ランキングをチェックしよう
中山佳祐 初防衛に成功も「すっきりしない形で終わって申し訳ない」

中山佳祐 初防衛に成功も「すっきりしない形で終わって申し訳ない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/13

ボクシングの東洋太平洋フライ級タイトルマッチ12回戦は13日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・中山佳祐(29=ワタナベ)が挑戦者の同級8位ジョーバート・アルバレス(27=フィリピン)と引き分けて初防衛に成功した。中山は14戦10勝(4KO)2敗2分け、アルバレスは21戦17勝(7KO)2敗2分け。
 6月に王座を獲得した中山は序盤、アルバレスの左ストレートや左ショートカウンターをまともに受ける不

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
猪木とアリ「世紀の凡戦」で芽生えたふたりの友情物語
前田日明 時空を超えて無限大につらなる輪RINGSのひとつめの輪――フミ斎藤のプロレス読本#155[前田日明編・後編]
レスリング・登坂、全日本出場22日までに結論
後継者、誕生。――IBF世界スーパーフェザー級王座決定戦
登坂の出場可否透明、9月に左足負傷 20日開幕全日本選手権
  • このエントリーをはてなブックマークに追加