「和楽器バンド」が京都・平安神宮で単独奉納ライブを開催

「和楽器バンド」が京都・平安神宮で単独奉納ライブを開催

  • JAPAN芸能カルチャー研究所
  • 更新日:2017/08/12
No image

「和楽器バンド」が8月5日、6日の2日間、「和楽器バンド 平安神宮単独奉納ライブ in 和楽器サミット2017」を開催した。

「和楽器サミット2017」とは、文化庁移転決定に伴い、日本の顔から日本の窓に生まれ変わる京都市の全面協力のもと初開催された日本最大級の和楽器フェス。
世界遺産元離宮二条城と、文化芸術ゾーン岡崎地域にある平安神宮の2会場を舞台に、北は津軽三味線から南は沖縄のエイサーまで和楽器界を牽引する若き演奏者たちが一堂に会し、その技と情熱を競い合う2日間となった。

「和楽器バンド」は「和楽器サミット2017」のメインアクトを務め、平安神宮会場のステージに登場。 ヒット曲の『千本桜』や、初のCDシングルとなる新曲『雨のち感情論』(9月6日発売)など全17曲をパフォーマンスして集まった観客を魅了した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キュウソネコカミ、「NO MORE 劣化実写化」の仕様・特典が決定!
『マインクラフト』ファンイベント「MINECON Earth」開催決定!―世界中から参加可能に
「#超wavyでごめんね」の新星ラッパーJP THE WAVY、待望のEP配信決定!
AKB48総選挙シングルの詳細明らかに、MV撮影で台風の沖縄リベンジ
驚くようなスケールのアート作品!六本木で「そこまでやるか」壮大なプロジェクト展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加