シンガポール航空、大阪/関西線にエアバスA380型機投入 10月28日から

シンガポール航空、大阪/関西線にエアバスA380型機投入 10月28日から

  • Traicy
  • 更新日:2018/06/25
No image

シンガポール航空は、10月28日から2019年3月30日まで、大阪/関西〜シンガポール線にエアバスA380型機を投入する。

現在、ボーイング787-10型機を1日2便運航しており、そのうち1便をエアバスA380型機に置き換える。投入する機材は4クラス制で、「1-2-1」配列のスイート12席、「1-2-1」配列のビジネスクラス60席、「2-4-2」配列のプレミアムエコノミークラス36席、2階は「2-4-2」、1階は「3-4-3」配列のエコノミークラス333席を配置する。

シンガポール航空グループの日本の就航地のうち、大阪/関西はエアバスA380型機を投入する唯一の都市となる。インバウンド、アウトバウンドともに増加傾向にあるため、供給座席数の拡充を決定した。

■ダイヤ

SQ619 大阪/関西(11:00)〜シンガポール(17:10)

SQ618 シンガポール(01:30)〜大阪/関西(08:45)

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
不動産×ITの「不動産テック」協会が設立に向けてセミナー開催、海外最新情報を紹介
どうすれば、年金を貰いながら60歳以降も働くことができるのか
米下院農業委員会が聴聞会開催【フィスコ・ビットコインニュース】
金曜夜に200名超が集合! RPA Communityが第3回勉強&LT会開催
長崎誘致に意気込み カジノ法20日成立 佐世保市民中止求める声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加