鳥インフル23万羽の殺処分始まる 上越市

鳥インフル23万羽の殺処分始まる 上越市

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/02
No image

新潟・上越市の養鶏場で、鳥インフルエンザの感染が確認され、1日から23万羽のニワトリの殺処分が始まった。

新潟県上越市柿崎区の養鶏場では、先月29日から30日にかけ100羽のニワトリが死んでいるのが見つかり、県の遺伝子検査の結果、高病原性鳥インフルエンザに感染していることがわかった。

新潟県はこの養鶏場のすべてのニワトリ23万羽を殺処分することを決め、1日、作業を始めた。県内では関川村の養鶏場でも鳥インフルエンザの感染が確認されていて、31万羽の殺処分が進められている。

新潟県・米山知事「今起こっている所が沈静化しようがしまいが、ともかく引き続き予防に警戒していただく。異常があったらすぐに言っていただく」

新潟県は、上越市の養鶏場について、今月4日をめどにのべ2100人態勢で殺処分を進める方針。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ニワトリ小屋の金網に穴 鳥インフル発生の農場で
【報ステ】新潟・避難児童いじめ 担任が「嘘」
【報ステ】大分県佐伯市で2歳女児が行方不明
地下鉄の階段に車=50代男性「駐車場と勘違い」-東京
ASKA「尿検査要請に妻が激怒...」明かされた“緊迫の捜査現場”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加