食べ物と夜景の撮影で徹底比較!iPhone XR、Xperia XZ3、Google Pixel 3 XLのカメラ性能1位はどれ?

食べ物と夜景の撮影で徹底比較!iPhone XR、Xperia XZ3、Google Pixel 3 XLのカメラ性能1位はどれ?

  • @DIME
  • 更新日:2018/12/09
No image

レンズが2個、3個と増加傾向にあるスマホのカメラ。一方で、レンズが1つだけのシングルカメラで高画質を追求しているモデルも登場しています。

前回、アウトカメラのレンズが1つの「iPhone XR」「Xperia XZ3」「Google Pixel 3 XL」で、風景やセルフィーを撮って背景ボケをチェックしてみました。いずれもなかなかのクオリティでしたが、今回はSNSにアップする機会の多い食べ物と夜景を撮ってチェックしてみました。

No image

今回もこの3機種でチェック。左奥から、SIMフリー版Google Pixel 3 XL、SIMフリー版iPhone XR、ドコモ版Xperia XZ3。

お寿司を撮ってみた

食べ物は、カラフルで色鮮やかさがよく分かるお寿司を撮ってみました。

No image

iPhone XR

No image

Pixel 3 XL

No image

Xperia XZ

お店の暖色系ライトの影響だと思いますが、iPhoneは少しオレンジの色味が強く写りました。逆にPixelは、お皿の色からも分かるようにライトの色がしっかり補正されています。刺し身の色が濃く出ているので不味そうではありませんが、涼しげな印象となっています。Xperiaは、iPhoneとPixelの中間といった感じです。いずれにしても、3機種とも明るく、色鮮やかにおいしそうに撮れました。メシマズ写真の心配はしなくて済みそうです。

ライトアップされた東京駅を撮ってみた

次の写真は、夜、ライトアップされた東京駅です。以下の3枚は、それぞれ通常のオートで撮ったものですが、Xperiaの場合はシーン認識機能により自動で夜景モードになりました。

No image

iPhone XR

No image

Pixel 3 XL

No image

Xperia XZ

かつて、夜景や暗い場所での撮影はスマホのカメラが苦手とするシーンでしたが、この3機種で撮った夜景は手ブレもせず、きれいに撮れました。背景のビルの窓もくっきりとしています。3機種の中では、Pixelがとても明るく撮れています。

なお、Pixelは11月中旬から「夜景モード」が追加されました。カメラメニューの「その他」から利用できます。そこで、この夜景モードで撮ってみたのが次の写真です。

No image

Pixel 3 XLの「夜景モード」で撮影。夜景モードで撮影すると、1.5秒ほど時間をかけて撮影するため、「動かないでください」という表示が出ますが、普通に持っていればOK。よく見ると歩いている人はボケていますが、他はまったく手ブレのない美しい写真に仕上がります。

別の日に撮影したので、条件は多少異なりますが、両日とも十分暗くなってからの撮影だったのは間違いありません。しかし、夜景モードで撮った写真は、空の雲まで見えるほど明るく撮れました。こうなってくると、正直、現実よりもきれいで、個人的な印象ではP20 Proの夜間モードにも匹敵する画質です。写真というよりは絵画のように楽しむ感覚で、いろんな場所で夜景を撮ってみたくなります。

カメラで便利&遊べる機能にも注目!

スマホのカメラは、写真をきれいに撮るためだけでなく、モノを認識するセンサーとしても活用され、コミュニケーションを豊かにしたり、便利ツールとして利用されたりしています。

iPhone X以降では、自分の実際の表情に合わせて動くキャラクター「アニ文字」をiMessageやFaceTimeで利用できます。

No image

iPhoneのアニ文字。自分の顔の動きに合わせてキャラクターの表情も動きます。

また、iOS 12では「計測」アプリが追加され、カメラを利用して実際のモノの長さを測ることができます。

No image

「計測」アプリでiPhone Xの長さを測ってみました。正確です。

一方、Pixelの「Playground」では、現実空間にキャラクターを登場させることができます。ただ合成できるだけでなく、被写体の表情によってキャラクターの動きが変わるのが楽しいポイント。

No image

Pixelの「Playground」。笑うとキャラクターがポーズをとってくれます。

(写真12)

No image

また、Pixelでは「Google レンズ」も使えます。モノをカメラで写すと、それに似た製品がピックアップされ、ECサイトやニュースサイトを表示させることができます。

Xperia XZ3では、おなじみの「3Dクリエーター」が使えます。人の顔やモノを、フロントカメラを使って撮影し、3Dアバターを作ることができます。アバターと一緒に写真を撮ったり、SNSにシェアしたりできます。

Pixelの「夜景モード」がすごい!

今回は食べ物と夜景をチェックしましたが、Pixelの「夜景モード」には感心させられました。オートとはまったく違った絵画のような夜景写真が撮れます。これからクリスマスシーズンを迎え、ツリーやイルミネーションなど夜景を撮る機会が増えると思いますが、シングルカメラのスマホでも、十分満足できる夜景が撮れそうです。

取材・文/房野麻子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アプリカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「AIを使うのです...」Googleの声が聞こえる:Pixel 3/3 XLレビュー
ローソンクーポンが当たる自販機アプリキャンペーン試してみた
「生活を盗撮・盗聴している可能性も」偽アプリ詐欺がどんどん高度化している
『Overcooked 2』クリスマスアップデート配信!練習モードやオンラインの新機能追加
自分好みのお出かけスポットを提案!おでかけアプリ「oide」が登場!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加