ゾンビ撲殺し続けるJKのサバイバルもの「ゾンビバット」2巻、片岡人生も推薦

ゾンビ撲殺し続けるJKのサバイバルもの「ゾンビバット」2巻、片岡人生も推薦

  • コミックナタリー
  • 更新日:2019/02/12

松林頂「ゾンビバット」2巻が、本日2月12日に発売された。

No image

「ゾンビバット」2巻(帯付き)

すべての画像を見る(全13件)

発売を記念しTSUTAYAでは購入者に特典を贈呈。書店を限定しない汎用の特典も用意されている。なお2巻の帯には「スモーキン’パレヱド」「デッドマン・ワンダーランド」の片岡人生がコメントを寄稿。片岡は「ゾンビバット」のポスター、POPにもそれぞれ帯とは異なるコメントを寄せている。

「ゾンビバット」はゾンビが大量発生した世界を舞台に描く終末サバイバルアクション。主人公の少女・ヒミコはバットを武器にゾンビを撲殺し続け、人類のセーフゾーンを確保していた。そんな中ヒミコが、ゾンビになってしまった母親をかくまう1人の少女に遭遇したことから物語は動き出す。COMICメテオにて連載されており、サイト上では1巻100ページ分の試し読みを2月20日まで公開している。

片岡人生コメント

2巻帯

駆け抜けて青春、殴り続けて日常、その先に壊れた彼女

ポスター

泣ける最上のホームドラマであり、笑いを含む無骨なアクションであり、ヒリヒリする青春シネマである。普通の女子高生だ。ゾンビをバットで殺してる以外は。

POP

彼女がバットで壊し続けているモノは、彼女自身なのだろうな。ヒリヒリする感情。自分もかつて持っていた気にさせられる。

(c)松林頂/COMICメテオ (c)フレックスコミックス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
夜の4コマ部屋:新展開3 / サチコと神ねこ様 第1043回 / wako先生
木村良平が“天才”と絶賛するマンガ家は...? 「読者に媚びを売らない意気込みもいい」その魅力を熱弁
山田孝之のドキュメンタリードラマでもおなじみ 清野とおる「東京都北区赤羽」シリーズがKindleで最大72%オフ
高田裕三「3×3EYES 鬼籍の闇の契約者」移籍連載が月刊ヤンマガでスタート
董香、そよ、レイカ、水銀燈...コスプレイヤー11人がYJ作品のヒロインに扮装
  • このエントリーをはてなブックマークに追加