眞子さま、ガッチリ体型のイケメンと横浜デート後に東横線でラブラブなご様子

眞子さま、ガッチリ体型のイケメンと横浜デート後に東横線でラブラブなご様子

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2016/10/18
No image

ペアのリングとブレスレットを身につけ、スマホを見せ合う眞子さまと男性(10月2日)

季節はずれの残暑となった10月2日の日曜夜、東京・渋谷と神奈川・横浜をつなぐ東急東横線の車内でドアにもたれかかっていた若い男女。

「次は、マーちゃんの携帯も見せてよ」

男性が親しげに、女性の充電中のスマートフォンを覗き込むと、

「ブサイクだから、やだぁ〜」

女性は嫌がってみせるが、その表情からは本気ではないことがわかる─。

女性は『ユニクロ』の花柄のワンピースに、グレーのロングカーディガンと黒革のミドルブーツ。

縁のあるメガネをかけ、猫の柄のバッグを持ち、その中からのびている充電器のコードは彼が覗き込むスマホにつながっていた。

男性は、白の『アバクロ』のポロシャツに、ベージュのハーフパンツ。『トミーヒルフィガー』のバッグを持つガッチリ体形の目鼻立ちの濃いイケメンだ。

ランドマークタワーや山下公園、中華街など横浜でのデートを終えたカップルが、都心に帰ろうとするありふれた光景に気をとめる乗客はいない……。

しかし、イヤホンを耳に差しながら、ふたりを遠巻きに見守る私服の男女がいた。

彼らは「側衛」と呼ばれる皇宮護衛官で、皇室の方々を守るボディガードとして、私的な外出先でも不測の事態に備えている。

「側衛はあくまで皇室の方々の警護が職務なので“危険”が迫らなければ黒子に徹するのみです」(宮内庁関係者)

そんな側衛が、さり気なく目の端でとらえていたのは、マーちゃんと呼ばれていた秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまだった─。

電車に揺られながら眞子さまと男性は、ラブラブの雰囲気。時折、男性が眞子さまの髪の毛やおでこへ“ボディタッチ”することも……。

これまでに見せたことのない心を許した表情はまさに恋する乙女。眞子さまは男性と同じリングとブレスレットを身につけているようで、“友達以上”の関係であることをうかがわせた。

「付き合い始めて間もないカップルのような初々しさがありました。お互いの携帯に保存してある友人の写真を見せて紹介し合っているようでしたよ。男性が積極的に女性と親しくなろうとしている感じでしたね」(居合わせた乗客)

10月23日に25歳の誕生日をお迎えになる年ごろの女性に、親しい男性がいることは自然なこと。

No image

横浜デートの翌日、『楽天ジャパンオープン』で錦織圭の試合をご覧になった(10月3日)

しかし、眞子さまは天皇・皇后両陛下の孫である内親王で、将来の天皇である悠仁さま(10)の姉になるお立場。

交際相手がどんな人物で、ふたりの将来をどのようにお考えなのかは気になるところ。

眞子さまを知る関係者は、こんな“現実”の話をする。

「眞子さまの恋人が、学習院出身者であれば、順当というか安心ですね。やはり皇族はお立場上、たまたま出会った人とのお付き合いはしにくいものです。

学習院出身者なら、お互いに小さいころから知っていますし、ご家庭のこともある程度わかりますからね」

デートの翌日、眞子さまはテニスの『楽天ジャパンオープン』へのご臨席が控えていたが、彼はそれを気遣ったのだろう。

“カノジョ”のお住まいの最寄り駅である、銀座線の青山一丁目駅で一緒に降りていった……。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
それNGワードです! 一気に恋愛対象外になる許せない異性の言動10選
寒い...とつぶやくと「なぜエッチに誘われてしまうのか?」理由3つ
分かち合うから、分かり合える? いつも仲が良いカップルの秘訣
だからモテないんだよ!モテない人が超やりがちなLINE5パターン
1位は知りたくない真実...イマドキ男性の「経験人数」2位11人以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加