挑戦者の丸田陽七太「自分のボクシングを貫きたい」 初の後楽園ホール登場

挑戦者の丸田陽七太「自分のボクシングを貫きたい」 初の後楽園ホール登場

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/21
No image

練習を公開した丸田陽七太

ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級王座戦(10月13日、後楽園ホール)で王者・大竹秀典(金子)に挑戦する同級1位の丸田陽七太(20)=森岡=が14日、兵庫県川西市の所属ジムで練習を公開。4ラウンドのスパーリングなどで軽快な動きを見せた丸田は「自分のボクシングを貫きたい」と充実の笑みを浮かべた。

プロ6戦目で初の後楽園ホール。聖地のリングにはアマ時代に5度立った経験があり「親しみがある」と話すホープが、華やかに東京進出を飾る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
UFCファイター近藤朱里の壮絶なプロレス下積み時代──「格好がみすぼらしい」と指摘されたこともある
異常な採点の生まれ方――統一世界ミドル級タイトルマッチ
メイウェザー10回TKO順当勝ち “世紀の一戦”マクレガーを連打でストップ
アンドレ・ウォード 電撃引退表明!現役最強ボクサーがリング去る「ミッション終了」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加