いつか行ってみたい世界のクリスマスマーケット8選

いつか行ってみたい世界のクリスマスマーケット8選

  • @DIME
  • 更新日:2016/12/01

世界最大のオンライン宿泊予約サイトBooking.comの日本法人ブッキング・ドットコム・ジャパンは、世界各地で開催されるクリスマス・マーケット(クリスマス市)と、世界の旅行者がおすすめする宿泊施設を発表した。ユニークなクリスマス・プレゼントショッピングをするもよし、屋台で地元の食べ物に舌鼓を打ち、聖歌隊の歌に聴き入るもよし。その土地ならではの文化やイルミネーションに浸りながら過ごすのにぴったり。ブッキング・ドットコムは、実際に宿泊したゲストのみが書き込めるレビューを1億700万件以上掲載しており、そのゲストレビューを元に、おススメ宿泊施設を厳選した。

※ホテル名の後の()は2016年11月11日時点のレビュースコア。

No image

1.ニュルンベルクのクリスマス・マーケット:ドイツ
開催期間:11月29日~12月24日

16世紀、世界最古のクリスマス・マーケットのひとつである「ニュルンベルクのクリスマス・マーケット」では、グリューワインやロースト・アーモンド、ジンジャーブレッドの香りに包まれ、180以上の屋台が立ち並ぶ、中世から続く美しいクリスマスの街の雰囲気を味わうことができる。ニュルンベルクのシンボル「金箔の天使」や、プルーンでできたツヴェチュゲンメンレなど、伝統的なクリスマスの飾りから好きなものを選べる。

No image

ホテル・ドライ・ラーベン(9.2)
想像力に富んだスタイリッシュな客室や、ニュルンベルクの神話を描いた個性的なテーマの部屋を提供しており、聖ローレンツ教会から徒歩わずか3分、中央駅から徒歩5分なので、この辺りを探索するのに便利なロケーション。

2.ウィンター・フェスタ:香港
開催期間:11月29日~翌1月1日

キラキラ輝く香港の摩天楼は、クリスマス・シーズンとしてはどこか不思議な雰囲気を演出する。香港にはいくつかのマーケットがあるが、皇后像広場の北側にあるものが最大。

No image

ザ・ペニンシュラ香港(9.3)
少し贅沢なクリスマス休暇を求めている場合、ビクトリア・ハーバーの目の前に立つ、古風な魅力溢れるザ・ペニンシュラ香港がおすすめ。日中はローマ風屋内プールで過ごし、夜は屋上レストランで息を飲むような夜景が望める。

3.チボリのクリスマス・マーケット(ノルウェー)
開催期間:11月15日~翌1月3日

デンマーク特有の考え方で、人生のささやかな喜びを楽しむことを意味する「ヒュッゲ」。このこだわりが息づくチボリ・クリスマス・マーケットは、クリスマス気分に浸るのにおススメ。デンマーク伝統のホットワイン「グレッグ(gløgg)」やパンケーキを球形にしたような「エイブルスキーバー」の香りに包まれながら、50以上あるクリスマス屋台を覗いたり、チボリ湖を飾るイルミネーションを楽しむこともできる。

No image

ニム・ホテル(9.1)
印象的なムーア様式の建物を利用したスタイリッシュなブティック・ホテル。クリスマス・マーケットで1日を過ごした後は、天蓋付きベッドや暖炉、独立型バスタブが備わる客室でリラックスできる。

4.ケルンのクリスマス・マーケット(ドイツ)
開催期間:11月23日~12月23日

ドイツには複数のクリスマス・マーケットがあるが、ジュージューと音を立てるソーセージやグリューワイン、ドイツで居心地の良さを意味するゲミュートリッヒカイト(Gemütlichkeit)、そしてジンジャーブレッドを堪能するならば、ここケルンのクリスマス・マーケット以上の場所はない。マーケットのバックには目を見張るようなゴシック様式のケルン大聖堂がそびえ、おとぎ話のような雰囲気を醸し出す。

No image

DASKöln(9.2)
デザイナー家具が備わるモダンなアパートホテルDASKölnは、ケルン大聖堂やクリスマス・マーケット、ケルン中央駅まで徒歩わずか10分の場所にある。320m以内にレストラン、カフェ、スーパーがすべて揃う最高のロケーション。

5.プラハ・クリスマス・マーケット(チェコ)
開催期間:11月20日~翌1月3日

プラハは1年を通して人気の観光地だが、クリスマスの時期こそ訪れるのに最高の季節。歴史、建築物、文化を味わいながらショッピングも楽しみたい人にピッタリ。クリスマス・マーケットは旧市街広場やヴァーツラフ広場で開かれていて、クリスマスをテーマにした伝統工芸品の屋台やおいしい食べ物が豊富に揃う。

No image

レジデンス・アグネス(9.8)
歴史あるレジデンス・アグネス(Residence Agnes)は4つ星のブティック・ホテルで、プラハ中心部の美しい旧市街広場から約600m。ちょっとしたクリスマス・ショッピングにピッタリの拠点で、徒歩圏内に様々な一流レストランもある。

6.バース・クリスマス・マーケット(イギリス)
開催期間:11月24日~12月11日

イギリス最大のクリスマス・マーケットは、美しい歴史都市のバースにある。150以上もの小屋でローカルフードや手作りギフトが販売されている。受賞歴のあるクリスマス・マーケットによってバース中心部は不思議な魅力いっぱいのショッピング天国に様変わりし、多くの観光客がこの時期に訪れている。

No image

ヒル・ハウス(9.7)
1760年建築のベルヴェデーレ・テラス内にあるゲストハウスのヒル・ハウスは、それぞれの客室が特徴的な装飾で施されており、かつてのワインショップを改装した朝食ルームでは大きなテーブルで他のゲストとの時間を共有できる。

7.バンクーバーのクリスマス・マーケット (カナダ)
開催期間:11月21日~12月24日

北米にありながら色彩豊かな装飾や個性的なプレゼント、家族みんなで楽しめるエンターテインメント、おいしい食べ物、うっとりするような雰囲気が楽しめる正統派のクリスマス・マーケット。子供向けのアクティビティが豊富にあり、バンクーバー唯一のクリスマス・メリーゴーランドも存在している。

No image

ローズウッド・ホテル・ジョージア(9.4)
バンクーバー美術館の向かいに位置するローズウッド・ホテル・ジョージアは、ショッピング街のロブソン通りから5分以内と理想的なロケーション。Belカフェでの地元料理や、1927ロビーラウンジ等、バーでカクテルも楽しめる。

8.クリスマス・シティ(アメリカ)
開催期間:11月21日~12月21日

毎年100万人以上が訪れる、ペンシルベニア州ベスレヘムのクリスマス・マーケット。マーケット内にはクリスマス飾りやおいしそうな食べ物、ホットワインなどのブースが並び、個性的なお土産候補もたくさんある。

No image

ヒストリック・ホテル・ベスレヘム(9.1)
1922年に建てられたヒストリック・ホテル・ベスレヘム(Historic Hotel Bethlehem)は、ベスレヘムの歴史を語る壁画が描かれた個性的なボールルームが特徴。ほかにもエレガントなお部屋や、高級メニューを提供する美しい内装のレストランなど、個性が光るホテル。周辺を探索したり、思いきりクリスマス・ショッピングを楽しんだりするのにピッタリな場所。

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
「出世する男」が飲み会で必ずしていること6つ
退職を考えるきっかけ、1位は?
週に4回はしたほうがいい...!? 「エッチのすごいメリット」4つ
ボディビルダーの女性が訓練をピタッと止めて3か月→どうなると思う?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加