鼓動でペースメーカーを充電できるようになる!? 米大学が開発中

鼓動でペースメーカーを充電できるようになる!? 米大学が開発中

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2019/02/12
No image

電気刺激を送って心臓を鼓動させるペースメーカーは不整脈などの病を抱える人にとっては大事な存在だ。そのペースメーカー、植え込んで終わりではない。電池で作動するため、おおよそ5〜10年ごとに手術を受けて交換しなければならない。

しかし、もしかするとこの電池交換が不要になるかもしれない。米国のダートマス大学の研究チームが、心臓の鼓動を電気に変えるキットを開発中だ。

・硬貨サイズ

人は生きている限り心臓が鼓動する。その鼓動を電気に変えるというのが今回開発されたキットだ。10セント硬貨ほどのサイズで、ペースメーカーを含むインプラント式デバイスとともに使える。

PVDFと呼ばれるポリマー圧電生フィルムをデバイスに加えることで、鼓動をとらえてエネルギーに変えられるのだという。

・5年以内に実用化?

研究チームはすでに初の動物実験を行ない、良好な結果が得られたとのこと。もちろん今後は臨床試験などを経る必要があるが、研究チームは5年以内に実用化ができると踏んでいる。

患者にとってペースメーカーはありがたい存在で、それを動かすためにバッテリー交換が必要になるというのは仕方ない。交換しないという選択肢はないからだ。しかし、なるべくなら手術は避けたい、というのが本音だろう。

そうした意味で、このキットが実用化すればペースメーカー利用者の肉体的・精神的・経済的負担の大幅緩和につながる。さらにはインプラント式デバイスに広く活用すれば、その恩恵を受ける人はより増えそることになる。

ダートマス大学

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国発:謎だらけ! アヒルみたいな頭の海洋爬虫類の化石が見つかる
【RIP】さようなら!安らかに眠れ。火星探査機「オポチュニティ」がついに活動停止。哀悼を捧げるNASA研究者たち
抗生物質の取りすぎで起こる「人体の異変」を知っていますか?
気圧の変化「耳の中で感じていた!」気象病や天気痛の治療へ 中部大
さよなら火星探査機「オポチュニティ」。NASAが機能停止を発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加