メンバー外なのに退場 バイエルンのサードGK、1試合出場停止処分へ

メンバー外なのに退場 バイエルンのサードGK、1試合出場停止処分へ

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/10/20
No image

バイエルンの第3GKシュターケ [写真]=Bongarts/Getty Images

DFBスポーツ裁判所はバイエルンに所属するドイツ人GKトム・シュターケに対し、1試合の出場停止処分を言い渡した。ドイツ誌『kicker』の日本語版が19日に報じている。

バイエルンは15日に、ブンデスリーガ第7節で日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと対戦。1点リードで迎えた後半65分、ポルトガル代表MFレナト・サンチェスが相手の元ハンガリー代表MFサボルチ・フスティとプレーを巡って口論となると、両チームの選手たちが集まる事態へと発展していた。すると、そこにはメンバー入りしていないはずのシュターケの姿が。

主審は特にカードを提示することなく、シュターケにその場を去るように命じていたのだが、火曜日にDFBスポーツ裁判所は、同選手に対して1試合の出場停止処分を言い渡している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シャペコエンセのスダメリカーナ杯優勝が正式決定。南米サッカー連盟が発表
グアルディオラ監督、アーセナルのエースと電話で密談。マンCに勧誘か
「今の僕があるのはユーベのおかげ」 ポグバが語る古巣への愛
シャペコエンセ、コパ・スダメリカーナ優勝が決定
33戦無敗中のレアル、CLドルトムント戦でクラブタイ記録に挑戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加