モーリスなど、堀厩舎・香港遠征馬情報/美浦トレセンニュース

モーリスなど、堀厩舎・香港遠征馬情報/美浦トレセンニュース

  • netkeiba.com
  • 更新日:2016/12/01

12月11日に香港のシャティン競馬場で行われる香港C(GI・芝2000m)に出走するモーリス(牡5・美浦・堀宣行)と、香港ヴァーズ(GI・芝2400m)に出走するサトノクラウン(牡4・美浦・堀宣行)が、1日朝、国内での最終追い切りを消化した。2頭について、橋本調教助手のコメント。

「モーリスは、時計は予定よりも速くなってしまいましたが、今回はしっかり加減せずにという指示でしたし、具合自体も良さそうなので、ここまで問題なく順調に来ています。土曜日に出国しますが、遠征自体も慣れていますし、一緒に行く馬も多いことが、加減せずに調教をやれることに繋がっているのだと思います。

サトノクラウンは5ハロンから、指示通りの追い切りでした。前走(天皇賞秋・GI・14着)に関しては絶好枠を引きましたし、前に行ってスムーズに競馬ができたのにもかかわらず、負け過ぎの感があります。体自体も使いながらピリッとした方が良さそうですが、止めてしまうところがかなり出てきていますので、比重的には精神面の方が大きいと思います。そういった意味でも、使ってピリッとした状態で行ければいいのかなと思います。まだ絶好調時には遠そうですが、1回使ってピリッとした部分も出てきているので、少し変わってきてほしいですね」。

また香港マイル(GI・芝1600m)に出走を予定しているネオリアリズム(牡5・美浦・堀宣行)は、明日か明後日追い切りの予定。同馬について、橋本調教助手のコメント。

「すぐに馬が硬くなってしまうので、使い込んで良いタイプではないです。前走(マイルCS・GI・3着)後は、いつも通りの競馬の疲れなのですが、体の戻りも悪いですし、この馬だけローテーションがタイトなので、慎重に進めています」

(取材・写真:佐々木祥恵)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
伊野尾慧、大失態の連発で「JUMPゴリ押し」終了の現実味
サッカー史上「もっとも姑息なPK」がコレだ!!
星野源『逃げ恥』着用シャツが注文15倍増「“キムタク着用”の売れ方とは違う」
坂上忍も絶句!ASKAの次に注目される薬物疑惑タレントは芸人と元アナ!?
松本人志 元ほっしゃん。引退騒動に「名前変えた頃からおかしかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加