日本ハム、西武戦今季初勝利 アルシアの来日1号含む計3発!

日本ハム、西武戦今季初勝利 アルシアの来日1号含む計3発!

  • ベースボールキング
  • 更新日:2018/04/17
No image

4回日本ハム一死、アルシアが右越えに本塁打を放つ=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES

● 西武 2 - 7 日本ハム ○
<4回戦・東京ドーム>

日本ハムが西武戦今季初勝利。先発した上沢が危険球退場により3回途中で降板したが、打線が新外国人・アルシアの1号ソロなどで計7点を奪った。

日本ハムは3回、打率4割を維持する2番近藤の中前適時打で先制。4回には5番アルシアが待望の1号ソロを放ち、新助っ人は「うれしいね。これからも一打席一打席、状態が良くなっていくと思う」とコメントした。

5回以降も、8番清水の4号2ラン、4番中田の4号ソロなどで小刻みに加点。4本中3本が東京ドーム弾となった清水は「追加点が欲しかったので、いいところで打てたと思います。あとは、応援しに来てくれている母親の前で、一本打ててよかったですね」と振り返った。

開幕から好調な先発・上沢は、バックの好守にも助けられながら2回まで無失点。しかし3回、2番源田に頭部死球を当ててしまい、危険球退場を命じられた。それでも、救援陣が踏ん張り逃げ切り勝利。2回2/3を1失点に抑えた3番手の村田が、今季2勝目を手にした。

西武は日本一に輝いた2008年時の復刻ユニフォームで試合に臨んだものの、投打が噛み合わず2連敗。6回途中5失点(自責点4)だった先発・十亀も、自身2連敗(1勝)となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西武 代打・栗山V打「自分のスイングだけ考えた」4月勝ち越しも慢心なし
西武菊池雄星5失点も4勝「助けていただきました」
西武栗山V打「途中で帰らないで」ファンの声援感謝
鷹・今宮が難病の高校球児へバット 「サインはしない」の言葉に込めた思い
中日モヤ4安打点火!連敗脱出モヤモヤ一掃20安打
  • このエントリーをはてなブックマークに追加