PS VR『ROBINSON THE JOURNEY』国内配信!恐竜が闊歩する惑星を探索

PS VR『ROBINSON THE JOURNEY』国内配信!恐竜が闊歩する惑星を探索

  • Game Spark
  • 更新日:2016/12/01
No image
No image

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、PS4向けタイトル(PS VR必須)『ROBINSON: THE JOURNEY』の国内向け配信を11月30日より開始しました。

No image

本作は、地球のジュラ紀を連想させるジャングルの惑星をVRによって探検できるタイトルで、開発は『Crysis』やゲームエンジンCRYENGINEで知られるドイツのデベロッパーCrytekが担当。生い茂る木々や昆虫、巨大な恐竜に至るまで、現実の世界では見られない世界観が構築されています。

■船旅の終わりが、冒険の始まり

楽園の惑星と呼ばれる「タイソン III」に宇宙船「エスメラルダ」が墜落。脱出ポッドでなんとか着陸した少年「ロビン」は、球体状のAIコンパニオン「HIGS」と自分の知恵を頼りに、残りの生存者を探すべく惑星を探索します。しかし、惑星は危険な恐竜が闊歩し、独特の生態系が行く手を阻む、楽園とはほど遠いジャングルの世界でした。

■異様な環境とのインタラクション

「タイソン III」の様々な地形を探検。「マルチツール」を使えば重力をコントロールして物を持ち上げ、移動、回転、投げるなどのアクションが可能です。惑星の自然が生み出すパズルを解いて道を切り開いていくことで、「ロビン」は生存者を探索します。またティラノサウルスの赤ちゃん「ライカ」も旅の仲間に。

■美しく、危険な世界での生存

広大なジャングルの惑星で自由に移動し、探索するのが本作の醍醐味。草食恐竜であれば餌をあげるなどといったコミュニケーションも可能。しかし、危険な肉食恐竜も出現するので、「HIGS」が提供する情報やアドバイスを手がかりにサバイバルしましょう。

No image

SFアドベンチャー『ROBINSON THE JOURNEY』はダウンロード販売限定で、価格は7,200 円(税込)です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
失明の原因第1位は「糖尿病」による合併症! 眼科検診を毎年受ければ95%以上は防げる
ダークマター、従来説より「むらが少ない」 研究
ノーベル化学賞テーマ「分子機械」、九州に先駆者 「欧米3氏受賞たたえたい」新海特別主幹教授
「科学を文化の中核に」 ノーベル賞・大隅さんが記念講演
中国、今後5年間で宇宙科学衛星5基を打ち上げへ―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加