しゅーず、初ワンマンで歌唱中に涙も「僕を選んでくれてありがとう」

しゅーず、初ワンマンで歌唱中に涙も「僕を選んでくれてありがとう」

  • ナタリー
  • 更新日:2017/08/13

8月6日に東京・東京キネマ倶楽部にてしゅーずの初ワンマンライブ「La Precieuse」が開催された。

No image

しゅーず「La Precieuse」の様子。(撮影:岡本麻衣)

すべての写真を見る(全11枚)

No image

定刻を迎え、ステージに登場したしゅーずが最初に歌った曲は「セカンド・キス」。この曲は“オシャレで大人な雰囲気”をコンセプトにした5月発売の2ndアルバム「Shoose Case」に収録された楽曲で、ムーディな雰囲気の中、伸びやかな歌声を会場内に響かせる。その後はOSTER projectの提供曲「Between the Sheets」やボカロ曲「妄想疾患■ガール」とアップチューンを立て続けに届けて、オーディエンスのテンションに火を点けた。

No image
No image

「PiNK CAT」の歌唱時にはサプライズゲストとして“踊り手”のATYが登場。しゅーずはATYの2人と共にキレのある振り付けを披露し、ファンを魅了した。また「虎視眈々」の際にはMeseMoa.のとみたけとノックソがサプライズでパフォーマンスに加わり、会場内は大盛り上がりに。2人は「しゅーずのどこが好き?」とフロアに呼びかけてオーディエンスに「顔!」と答えさせるなどMCでひと笑い起こし、ステージをあとにした。

No image

ライブ中盤にはしゅーずが「彼の彼女」「U」といったバラード曲を続けざまに届けていく。さらに彼は「もともとバラードがとても好きなんだけど、こんなにライブで歌ってもいいのか不安だった。自己満足なんじゃないかって。でも今日、みんなに受け入れられてよかった」と語り、「永遠花火」を歌い始める。歌唱中、しゅーずが感極まって目に涙を浮かべて声を詰まらせるひと幕もあったが、オーディエンスはじっと彼のパフォーマンスを見守っていた。

ライブ終盤には盛大なハンドクラップが巻き起こった「背徳シュガー」などを経て、計14曲が披露されたところで本編は終了。アンコールではしゅーずが「たくさんの歌い手がいる中で、僕を選んでくれてありがとう。7年前では考えられなかったくらい、皆さんのおかげで大きくなれました」と感慨深そうに語り、オーディエンスに感謝の気持ちを伝えた。最後に彼は「ナイトフォール」を歌い上げ、初のワンマンライブ「La Precieuse」は大団円を迎えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【イベントレポート】People In The Box、ライブDVDの見どころは「ダイゴマンですね」
BABYMETAL、『サマソニ』メインステージ「ついにここまで」
星野源、「恋」超えでシングル初1位
ウェザーニューズ、皆既日食を米国テネシー州ナッシュビルより生中継
キュウソネコカミ、「NO MORE 劣化実写化」の仕様・特典が決定!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加