最新ランキングをチェックしよう
『可能なる革命』にみる「運動論」という異物について

『可能なる革命』にみる「運動論」という異物について

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/11/22

■『可能なる革命』(大澤真幸著、太田出版)
『可能なる革命』(2016年)の著者大澤真幸氏は、戦後精神史を「理想の時代」「虚構の時代」「不可能性の時代」と三区分する。「理想の時代」とはなにが理想であるか社会的合意のあった時代であり、人々が希望を持ちえた時代。他方「不可能性の時代」ともなると、もはやより幸福な未来を想像することが不可能な時代となる。
もちろん、現在が最高に幸福であるなら問題はない。し

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
正社員共働き世帯は1億円のご褒美もらう
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」...2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
世界で唯一?韓国のスタバのマグカップに書かれた注意書きに、韓国ネット「恥ずかしい」
パンサー尾形、ヤバすぎる下半身事情を妻が激白 「毎晩、寝ている間に...」
大船渡・佐々木「期待裏切って」7失点敗戦に号泣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加