最新ランキングをチェックしよう
『可能なる革命』にみる「運動論」という異物について

『可能なる革命』にみる「運動論」という異物について

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/11/22

■『可能なる革命』(大澤真幸著、太田出版)
『可能なる革命』(2016年)の著者大澤真幸氏は、戦後精神史を「理想の時代」「虚構の時代」「不可能性の時代」と三区分する。「理想の時代」とはなにが理想であるか社会的合意のあった時代であり、人々が希望を持ちえた時代。他方「不可能性の時代」ともなると、もはやより幸福な未来を想像することが不可能な時代となる。
もちろん、現在が最高に幸福であるなら問題はない。し

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
糖尿病予備軍かも!? やってはいけない生活習慣6【糖質制限の基本】
誰でも実行できる 「面白い人」が持つ7つの習慣
【心理テスト】直感で選んだ石でわかる「あなたの真の性格」が的中率抜群! 近い将来変化が訪れる人も...!?
うつ病の人が良く使う言葉には特徴がある。言語分析で「うつ語」の存在が明らかに(英研究)
【心理テスト】選んだクレヨンの色でわかる、あなたが心から望んでいる生き方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加