ソフトバンク松坂、プエルトリコWリーグ参加 実戦登板求め 約1カ月の予定

ソフトバンク松坂、プエルトリコWリーグ参加 実戦登板求め 約1カ月の予定

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/11/29
No image

ソフトバンクは29日、松坂大輔投手(36)がプエルトリコでのウインターリーグ(Wリーグ)に参加すると発表した。同日にプエルトリコ入りし、30日にチームに合流。約1カ月間、プレーする予定という。

松坂は昨季、米大リーグからソフトバンクに入団。しかし1年目は8月に右肩の手術を受けるなどで、1軍登板はなし。2年目の今季も故障に悩まされ、1軍での登板はシーズン最終戦での1試合のみ。1回を投げて3安打5失点(自責点2)で、防御率18・00という結果に終わった。

来季は3年契約の最終年。Wリーグ参加は、実戦登板機会を求めて本人が希望した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人がマギー獲得 楽天で28発、打線の起爆剤に
《2016年プロ野球お立ち台大賞!》角中勝也、比屋根渉、杉谷拳士 〜シュールなお立ち台編〜
4年で3勝でこの金額!日ハム・斎藤佑樹が来季も高給取りを続けられるワケ
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
巨人、“4年越しの恋人”マギーと合意!V奪回へ打も大補強
  • このエントリーをはてなブックマークに追加