“山の神”を超えた!?南アフリカのGKが後半ATにスーパーゴール

“山の神”を超えた!?南アフリカのGKが後半ATにスーパーゴール

  • ゲキサカ
  • 更新日:2016/12/02
No image

南アフリカ1部リーグ(PSL)でGKが後半アディショナルタイムにオーバーヘッドを決めるミラクルが誕生した。英『ザ・サン』が伝えている。

同リーグに所属するバロカは1日にオーランド・パイレーツと対戦した。0-1で迎えた後半アディショナルタイム、右CKのチャンスでGKオスカリン・マスルケがPA内に攻め上がると、クロスの跳ね返りに反応し、ゴールに背を向けたままオーバーヘッドシュート。これがゴール左に決まり、土壇場で引き分けに持ち込んだ。

GKのゴールといえば、日本では2014年のJ1昇格プレーオフ準決勝の磐田戦(2-1)で、山形GK山岸範宏が決めた決勝点となるヘディングシュートが有名だが、今回はそれをしのぐ高難易度のスーパーゴールと言えそうだ。

●プレミアリーグ2016-17特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
難攻不落のはずが...。カンプノウで次々と勝ち点を取りこぼすバルサ
監督交代後も苦戦続くインテル。前監督が指摘する”最大の問題点”とは?
イブラがスーパーゴール決める! マンUは終盤に追いつかれリーグ戦3試合連続ドロー
本田のFKからラパドゥーラが決勝点...ミランが昇格組相手に辛くも逆転勝ち
バルサ指揮官、A・トゥランに苦言「ファウルしないようにと言っていた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加