大阪桐蔭、準決勝で敗退...創成館に敗れる、公式戦連勝は12でストップ

大阪桐蔭、準決勝で敗退...創成館に敗れる、公式戦連勝は12でストップ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/13
No image

8回明徳義塾2死三塁、右中間に勝ち越し適時二塁打を放つ明徳義塾・眞鍋=神宮球場(撮影・中田匡峻)

「明治神宮大会・高校の部・準決勝、創成館7-4大阪桐蔭」(13日、神宮球場)

優勝候補の大阪桐蔭が、創成館(長崎)に敗れて準決勝で敗退した。

1点リードの三回には4安打と2失策が絡んで、4点を奪われて逆転を許した。1点差に迫っていた五回には、3連打を含む4安打を浴びて2点を追加された。

初戦に続いて本調子ではなかった先発・柿木蓮投手(2年)は、3回5安打4失点で降板。四回から登板した横川凱投手(2年)も2回4安打2失点と、主力投手が踏ん張れなかった。

今年の大阪桐蔭は根尾昂内野手(2年)、藤原恭大外野手(2年)、柿木ら来秋ドラフト候補を多数擁し、秋季大阪大会、秋季近畿大会で優勝した。

主将の中川卓也内野手(2年)は、明治神宮大会開幕前に「今年度は無敗が目標なのでいい結果を出したい」と話していたが、新チームとしての公式戦連勝は12でストップした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
8年ぶり楽天復帰、2コーチ“移籍”...各球団発表、11月21日の契約、人事は?
セ新人王の2位票「阪神・大山49票」「横浜DeNA浜口27票」を巡って騒動
【MLB】“投手”大谷の1年目の成績は...予測システム算出の数字は「少し残念なもの」!?
TUBE前田亘輝がDeNAレジェンドマッチに出演
残留は退団希望の裏返し?FA宣言見送りの中田に「トレードなら、獲得しやすい」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加