大谷の代理人、米30球団と“面接”!二刀流サポート本気度チェック

大谷の代理人、米30球団と“面接”!二刀流サポート本気度チェック

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/14

【オーランド(米フロリダ州)13日(日本時間14日未明)】米大リーグで球団幹部や代理人がフリーエージェント(FA)選手らの移籍交渉を行うゼネラルマネジャー(GM)会議が開幕。プロ野球日本ハムからポスティングシステムによるメジャー挑戦を表明した大谷翔平投手(23)の移籍先に注目が集まる。大谷の代理人を務めるネズ・バレロ氏(54)も現地入りし、米30球団との“面接”に臨む。

わずか5キロ先には夢の国、ディズニーリゾートがある。GM会議が開かれるホテルのロビーからは、園内で打ち上がる花火がみえた。リラックスして家族と休暇を楽しむ地で、激しい移籍交渉の戦いが始まる。日米の大注目を集める、いわば“大谷会議”がいよいよ幕を開ける。

「これからどう話が進むかにもよるけれど、何か伝えるべき情報が入ったら連絡するし、逆に進展がなかったとしても、その旨を伝えるよ」

大谷のメジャー移籍の窓口となる代理人「CAAスポーツ」のバレロ氏は12日(同13日)の夕方にチェックイン。獲得を本格的に検討する各球団幹部との折衝に備え、足早にホテルの自室に入った。交渉のポイントは、メジャーでも投手と打者の二刀流に挑戦できるかどうか、だ。

大谷は日本時間11日の会見で「そういう環境があるのか分からないですし、話をまず聞いてみたい」と心境を語った。さらに「自分としてはまだまだ足りない部分が多い選手。自分をもっと磨きたい、そういう環境に自分を置きたい。そこに適している球団にぜひ行きたい」と、己が最も成長できると感じた球団を選ぶ意向だ。

業界内では「(松坂が西武からレッドソックス入りした際に代理人だった)スコット・ボラス氏のような剛腕というより人当たりがいいタイプ」と評されるバレロ氏。13日(同14日)からの4日間で30球団と面接し、各球団の本気度を聴取し、二刀流選手としての未来予想図を共有できるかを見極める。移籍交渉がさらに具体化する12月10日(同11日)からのウインターミーティングに向けて、獲得希望球団の意見をまとめ、大谷本人と移籍先球団の選定を進める。

「具体的な話に関してはまだこれから」とバレロ氏。現在、改定協議中のポスティングシステムは16日(同17日)のオーナー会議で、従来の制度が1年延長される見込み。所属球団へ支払う“移籍金”は契約金の15-20%とする案は、米メディアによると来季に再度、検討されるという。今回、成立を急いだ現行制度の延長は、まさに“大谷ルール”。それだけ、米球界全体が「SHOHEI OTANI」のメジャー入りを待っている。

★実現できるのはドジャース

移籍先が注目される大谷について、ロサンゼルス・タイムズ(電子版)はドジャースを“一押し”した。「もし、二刀流を維持できるプランがあるとしたら、実現できるのはドジャースだ」。同紙は、選手層が厚いド軍なら、10日間の故障者リスト(DL)をうまく使って先発陣を回すことができる、とした。今季は29年ぶりにワールドシリーズに進出したことを挙げ「入団してすぐにワールドチャンピオンを狙える」と掲載した。

★この日の大谷

10月12日に受けた右足首手術からの復帰を目指している大谷は、連日リハビリに取り組んでいる千葉・鎌ケ谷市にある2軍施設に姿を見せなかった。大リーグへの挑戦を表明した大谷を一目みようと約150人のファンが集結したが、この日は寮内でのウエートトレーニングや休養にあてたとみられる。

GM会議

毎年オフに米大リーグ30球団のGMや球団幹部らが一堂に会し、さまざまな議題について話し合う会議。編成責任者が集まるため、移籍市場の情報交換の場にもなる。市場が大きく動くのは球団首脳や代理人が集結するウインターミーティング(今季は現地時間12月10-14日、米フロリダ州オーランド)だが、ストーブリーグの幕開けとして注目される。

ポスティングシステム

プロ野球選手が海外フリーエージェント(FA)資格取得前に米球界に移籍できる制度。このオフは2013年12月に成立した譲渡金の上限を2000万ドル(約22億7000万円)とする制度の継続で大筋合意。米フロリダ州で16日に開かれるオーナー会議で承認される見込み。また、大リーグの労使協定では25歳未満の外国人選手について契約金の上限が575万ドル(約6億5000万円)に設定されており、各球団の“大谷資金”には差がある。最高はレンジャーズの353万5000ドル(約4億円)と報じられている。

No image

いよいよGM会議が開幕。大谷にとって笑顔の移籍が実現するか

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
TUBE前田亘輝がDeNAレジェンドマッチに出演
【MLB】“投手”大谷の1年目の成績は...予測システム算出の数字は「少し残念なもの」!?
セ新人王の2位票「阪神・大山49票」「横浜DeNA浜口27票」を巡って騒動
台湾が予選敗退、洪一中監督「ピッチャーがすごい」
残留は退団希望の裏返し?FA宣言見送りの中田に「トレードなら、獲得しやすい」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加