歴史的データも清宮の決断を後押し!? 早実出身選手は高卒の方が大成傾向

歴史的データも清宮の決断を後押し!? 早実出身選手は高卒の方が大成傾向

  • フルカウント
  • 更新日:2017/09/23
No image

侍ジャパンU-18代表として活躍した清宮幸太郎【写真:Getty Images】

NPB史上唯一の19世紀生まれ岡田源三郎から続く系譜

早稲田実業の清宮幸太郎がプロ入り宣言をした。プロ入りすればプロ野球黎明期に選手、監督として活躍した岡田源三郎以来、早稲田実業から出た43人目のプロ野球選手となる。

岡田は早稲田実業時代、第1回の全国中等学校優勝野球大会(のちの夏の甲子園)に捕手として出場。その後、中央大、明治大でプレーし、明治大の野球部監督も務めていたが、プロ野球(職業野球)が創設された1936年に名古屋金鯱軍(のち名古屋と合併し現在の中日になる)の監督に就任。すでに40歳だったが、翌1937年から3年間、プレイングマネージャーとして24試合に出場している。プロ野球史上唯一の1800年代生まれ(1896年・明治29年)で、1978年には野球殿堂入りしている。

戦前も多くの早稲田実業出身の選手がプロ入りしているが、活躍した選手は少ない。

戦後になって、早稲田実業と早稲田大で花形外野手だった荒川博が、毎日オリオンズ(現ロッテ)に入団。163センチ・70キロの小兵ながらシャープな左打者として活躍し、入団1年目にはオールスター戦にも出場している。荒川は現役時代から打撃論の研究に熱心で、たまたま墨田公園で中学生の野球を見ていた時、右打ちの大柄な選手に注目。左打ちに転向させた上で、母校の早稲田実業への入学を奨めた。これが王貞治だ。

また、荒川は早稲田実業の後輩で、高校時代は無名だった榎本喜八に毎日の入団テストを受けさせた。晴れて毎日に入団した榎本喜八は、安打製造機として大活躍、1960年には首位打者を獲得する。

王貞治は早稲田実業に入学して甲子園の優勝投手となった後、1959年に巨人へ入団。1962年に一本足打法となり、通算868本のアンタッチャブルな本塁打記録を作る。

榎本喜八、王貞治はともに2000本安打を打ち、野球殿堂入りしているが、2人がここまで大成したのは、荒川博の指導によるところが大きかったはずだ。

王貞治と高校時代バッテリーを組んだ醍醐猛夫も毎日に入団し、リーグを代表する捕手となる。

また早稲田実業から早稲田大に進学し、スター選手となった徳武定之は三塁手として国鉄(現ヤクルト)、中日で活躍した。

さらに早稲田実業から駒沢大を経てヤクルトに入団した大矢明彦は、オールスターに7回も選出される名捕手となった。高校で大矢の1年後輩だった石渡茂は、中央大を経て近鉄に入団。名内野手としてオールスターに2回選出されている。

投手では石井丈裕が68勝、「大ちゃんフィーバー」荒木大輔が続く

早稲田実業出身選手は圧倒的に打者が多い。これまでの42人のうち、投手としての1軍登板記録があるのは7人に過ぎない。伝統的に「打」の学校と言えるが、その早稲田実業から甲子園を熱狂させるスター投手が登場した。荒木大輔だ。

1982年には「大ちゃんフィーバー」が巻き起こる。荒木は高校卒業後、ヤクルトに入団。当初は人気先行に苦しんだが、1987年には10勝を挙げる実力も見せた。

高校時代荒木の控え投手だった石井丈裕は、法政大、プリンスホテルを経て西武に入団し、エースとして活躍。1992年には沢村賞を獲得している。

「大ちゃんフィーバー」から24年後、早稲田実業からまたスター投手が登場する。「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹だ。斎藤は夏の甲子園で駒大苫小牧高の田中将大と決勝で投げ合い、引き分け再試合。この試合も斎藤が一人で投げ切り、優勝投手になった。早稲田大に進みエースとして活躍。その後日本ハムに入団し、現在に至っている。

早稲田実業出身の現役選手は、斎藤佑樹、そして巨人で代走のスペシャリストとして活躍する重信慎之介の2人だ。重信も早稲田大学出身。

○早稲田実業出身選手 安打数10傑
1.王貞治 2786安打 868本塁打
2.榎本喜八 2314安打 246本塁打
3.大矢明彦 1144安打 93本塁打(駒沢大)
4.醍醐猛夫 1132安打 81本塁打
5.徳武定之 903安打 91本塁打(早稲田大)
6.石渡茂 800安打 53本塁打(中央大)
7.川又米利 771安打 74本塁打
8.荒川博 503安打 16本塁打(早稲田大)
9.田野倉利男 317安打 50本塁打
10.荒川尭 195安打 34本塁打(早稲田大)

○投手勝利数5傑
1.石井丈裕 68勝 防御率3.31(法政大-プリンスホテル)
2.荒木大輔 39勝 防御率4.80
3.宮下信明 34勝 防御率3.85
4.斎藤佑樹 15勝 防御率4.29(早稲田大)
5.望月潤一 11勝 防御率3.02

こうしてみると、高卒でプロ入りした選手が上位にいることがわかる。早稲田実業の歴史を考えれば、清宮幸太郎の決断も間違っていないと言えるかもしれない。

岡田源三郎、王貞治、榎本喜八と3人もの殿堂入り選手を輩出した早稲田実業の輝かしい歴史に、清宮幸太郎はその名を記すことができるだろうか?(広尾晃 / Koh Hiroo)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドラフト1位の引き際。あの豪腕投手は、なぜ27歳で引退を決めたのか
巨人高橋由伸監督「食べ過ぎた」ティー打撃で汗流す
ソフトバンク・守護神サファテ、最後は“ご褒美”の胴上げ登板「これ以上ない感情」
【衆院選】菅直人氏に敗れ、落選が決まった東京18区・土屋正忠氏 「途中で風、変わった」「勝負勘が鈍った」
日本航空石川vs高岡商
高校野球ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加