合法で親族を拉致監禁...韓国恐ろしすぎる実在事件を描いた問題作

合法で親族を拉致監禁...韓国恐ろしすぎる実在事件を描いた問題作

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/11/12
No image

恐ろしすぎる「精神保健法第24条」 - (C) 2016 OAL, ALL RIGHTS RESERVED

韓国で実際に起きた衝撃の拉致監禁事件をモチーフに作られ、同国ボックスオフィス1位を飾った話題の映画『消された女』が、2018年1月19日より日本公開されることが明らかになった。

1980年代韓国で起きた未解決連続殺人事件を描いた『殺人の追憶』、その事件にインスパイアされ作られた『殺人の告白』、2000年代には幼い障害者への性暴行事件を描いた『トガニ 幼き瞳の告発』、女子中学生に対する集団強姦事件の映画化『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』など実話ベースの韓国映画には傑作が多い。そして新たに、衝撃の拉致監禁事件をベースに描いた『消された女』が日本上陸を果たす。

韓国では、保護者2人の同意と精神科専門医1人の診断があれば、患者本人の同意なしに「保護入院」という名のもと、強制入院を実行できるという「精神保健法第24条」を悪用し、財産や個人の利益のために、合法的に健康な人(親族)を誘拐し、精神病院に強制入院させる事件が頻繁に起こり、社会問題になっていた。本作は、それら実際の事件をモチーフに、人間の欲望のおぞましさ、そして、正常な人間が非日常の世界に突如放り込まれる狂気の現実を我々に問う問題作。

大都会の真昼間、通りを一人歩いていた女性カン・スア(カン・イェウォン)は、理由も分からないまま突如誘拐され、精神病院に監禁された。そこで待っていたのは、強制的な薬物投与と無慈悲な暴力、そしてこれまで経験したことのない非現実の世界だった……。この度、特報映像も公開され、街中を歩く女性が男たちに誘拐される姿が収められている。実際にビデオ通話をしているかのように縦型の画面に収められた映像は臨場感たっぷりだ。

本作は2016年4月に韓国で公開。そして9月、韓国の憲法裁で精神疾患患者の強制入院は、本人の同意なければ憲法違反の判決が下っている。あまりにも衝撃的な社会派映画で監督を務めたのは、韓国の国民的アイドルgod東方神起のPVを制作しビジュアリストとしての地位を確立したイ・チョルハ。(編集部・石神恵美子)

映画『消された女』は2018年1月20日よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
11月17日の注目映画第1位は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』
2人の人造人間VS悟飯とトランクス 実写版「ドラゴンボールZ」ファンムービー新作がハイクオリティーでアツい
関ジャニ∞丸山、メンバーにつく「小さなウソ」とは? 市村正親と対談で明かす
トム・ヒドルストン、“弟”クリヘムとの共演するのが「大好き!」
「GODZILLA 怪獣惑星」宮野真守&花澤香菜、G・エドワーズ監督からの称賛に驚き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加