パナソニック、大型タッチパネルを製造しやすくなるフィルム材料を製品化

パナソニック、大型タッチパネルを製造しやすくなるフィルム材料を製品化

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズは10月18日、電子黒板、サイネージ、アミューズメント機器などの大画面ディスプレイ用タッチパネルセンサーに適した「両面銅張PETフィルム材料 R-H825」を製品化し、2016年12月から量産を開始すると発表した。

No image

大型ディスプレイ用パネルには、ビューエリアの最大化、ペン入力やマルチタッチなど操作性の向上に加え、4Kなど画面の高精細化を背景に、屋内・屋外を問わない視認性の向上が求められている。また、大画面タッチパネルの製造時では、サイズが大きいことで、タッチパネルのたわみが多くなり、タッチパネルセンサーの銅配線でのクラックや断線、抵抗不良が発生しやすく、これらを抑制するセンサーフィルム用材料が求められている。

今回製品化した「両面銅張PETフィルム材料 R-H825」は、独自の銅箔接着層の樹脂設計技術と薄膜貼合技術の開発により、耐湾曲性に優れ大画面でも断線不良、抵抗不良を抑制でき、さらに、高感度と高視認性を実現した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Amazonセール速報:プライム会員限定! フリーテル「容量増加SIMカード」発売
日本のAmazonで2016年に一番売れたモノ各カテゴリー別全まとめリスト
折りたたみ式傘かと思ったら、まさかの大画面登場!
天才ハッカーが市販車を「自動運転カー」に変える改造キットの制御ソフトをオープンソース化、誰でもダウンロード可能に
モバイルにおけるクラウドストレージのシェアが判明、他を圧倒するダントツなサービスは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加