パナ・藤田、花園両校Vの決着つける!松島と7季ぶり直接対決/TL

パナ・藤田、花園両校Vの決着つける!松島と7季ぶり直接対決/TL

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/12

ラグビーの日本選手権を兼ねるトップリーグ(TL)決勝は13日、秩父宮でキックオフを迎える。日本一に向けて激突するサントリーとパナソニックは11日、出場メンバーを発表。パナソニックは藤田慶和(24)がFBで先発する。

藤田は東福岡高2年時、2010年度の全国高校ラグビー決勝で桐蔭学園と戦い、31-31で引き分けて両校優勝。当時の相手FBはサントリーの松島幸太朗(24)で、それ以来の松島との直接対決が実現だ。

群馬・太田市で練習に臨んだ藤田は「勝って(松島と)決着をつける」。昨春に左肩を手術して今季TL出場は7試合にとどまったが、シーズン途中で快足の切れ味を取り戻すと11月の代表戦に追加招集されるなど、調子を上げてきた。

「まず、楽しんでプレーしたい」。単独日本一を果たし、今季の進化を笑顔で証明する。 (吉田宏)

No image

2011年1月、花園決勝で対決していた当時東福岡の藤田と桐蔭学園の松島(写真は藤田)。7年ぶりの直接対決となる

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【爆笑】クリスマスツリーを取りに行った夫の帰りが遅いので窓の外を見たら、戦っていた笑
高梨沙羅「超高級ベンツ」に乗る理由
「見苦しいのでおやめください!」浴場運営者がイラスト入りで厳重注意することとは?
「そりゃないよ、お母さん~(涙)」忘れられない“笑撃弁当”
【ギンギン】新商品「夜のペヤング」を食べてみた結果 → ごめん、ちょっとなに言ってるかわからない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加