羽生結弦がSPジャンプ確認 4度のジャンプで3本決める

羽生結弦がSPジャンプ確認 4度のジャンプで3本決める

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/14
No image

練習中、大きく両手を広げる羽生結弦

「平昌五輪・フィギュアスケート男子・SP」(16日、江陵アイスアリーナ)

男子ショートプログラム(SP)へ向けた公式練習が14日、行われ、世界王者でソチ五輪金メダリストの羽生結弦(23)=ANA、宇野昌磨(20)=トヨタ自動車、田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=がそろって練習した。

練習開始時間より数分遅れてリンクに登場した羽生は、入念なスケーティングで体を温めると、トリプルアクセル(3回転半)を着氷。4回転トーループ-3回転トーループの連続ジャンプを3回転の方は手を上げた形で美しく決めた。

SP「バラード第1番」のスタートのポーズから挑んだ4回転サルコーは尻もちをついたが、2度目の挑戦でしっかりと着氷した。

曲かけではジャンプは跳ばず、指先まで気を配ったスピンやステップを確認した。

この日ジャンプを跳んだのは4度。うち3本をきれいに決めて見せた。

男子SPは16日、フリーは17日に行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浅田真央にイライラを募らせる日本スケート連盟
韓国脱げずにフランス脱げた「最悪の悪夢が起きた」
フィギュア・アイスダンスの韓国ペア、衣装はだけるハプニング<平昌五輪>
「ベタベタしすぎ」宇野昌磨の樋口コーチに心ないバッシングが相次ぐ理由
安藤美姫、女子フリーでも超速報解説 ツイッターで丁寧に「素敵でした」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加