来年のカレンダーから「平成」消える ハンコ特需も

来年のカレンダーから「平成」消える ハンコ特需も

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/05
No image

動画を見る(元記事へ)

菅官房長官は、天皇陛下の退位を決める政令を8日にも閣議決定すると発表した。そんななか、新たな元号への準備が早くも始まっている。

「2019年4月30日に」。8日の閣議で正式に決定することになった天皇陛下の退位の日程。なぜ、ひと足先に来年2018年のカレンダーから平成が消えてしまったのか。250種類以上の手帳や日記も製造・販売するこちらの書店。実は印刷や製本に半年以上かかる。そのため、具体的な退位の時期が分からないなか、何月まで表記していいか分からない、平成をすべて外して西暦表記のみにしたのだ。一方で、改元に伴う特需に期待する人も。平成が発表された1989年1月7日以降、注文が殺到したというのがこれ。当時、2万個も売れたという訂正印。果たして今回は…。新元号は来年中に公表される見通しだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マツダ、いよいよ初期型「ロードスター」のレストア・サービス受付を開始 外装修復のみなら250万円から
ローソンと日本郵便がロボット“無人配送”実験
元マルサが明かす「国税は、ビットコイン投資を狙っている」
持ち帰りピザも楽々運べる自転車荷台
今、証券会社のトップ営業マンが続々と転職している「ある職業」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加