4営業日続伸も取引は低調 前日比35円高

4営業日続伸も取引は低調 前日比35円高

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/19
No image

19日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日連続で値を上げ、終値は前日比35円30銭高の1万6998円91銭。

前の日のアメリカ市場は株高となったものの、円相場が円高方向に進んだため、朝方は18日終値をはさんで売買が交錯する方向感の定まらない展開となった。

しかし、午前11時に発表された中国のGDPが市場予想の範囲内だったことから市場には安心感がひろがり、買い注文が優勢になった。心理的な節目である1万7000円を上回る場面もあった。

ただ、アメリカ大統領選挙のテレビ討論会が日本時間20日午前に控えていることや、売買の判断材料となる目新しい動きが乏しかったことなどから取引は低調だった。

東証1部の売買代金は概算で1兆6631億円、売買高は概算で15億6110万株。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
2030年にメーカーの利益は半減...デロイトトーマツが自動車産業の行く先を予想した
BMWのドレスアップ&チューニング専門誌...BMW MAGAZINE 2017
アマゾンがKindle半額セール実施。プライムなら新Kindleが6割引3480円、Paperwhiteが5割引6980円など
日産、容赦なさすぎの「系列」完全解体完遂へ...最大の部品会社切り、IT企業と連携強化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加