GMジャパン、新型 カマロ を500万円切る価格で17年に発売へ

GMジャパン、新型 カマロ を500万円切る価格で17年に発売へ

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/01
No image

ゼネラルモーターズ・ジャパンは12月1日、新型シボレー『カマロ』を都内で報道陣に公開するとともに、2017年に500万円を切る価格で発売することを明らかにした。

ゼネラルモーターズ・ジャパンの若松格社長は「まったく新しいプラットフォームで造られている。今までにない低い重心、ヒップポイントがぐっと下がることによって、本当に美しいプロポーションができた。そしてとてもリーンで、贅肉が無く、でもグラマラスでアスレチックな車」と新型カマロを紹介。

さらに「2017年のゼネラルモーターズ・ジャパンの目玉で、成長の中心となる」とした上で、「価格は500万円を切る価格で勝負したいと思っている」と述べた。

また「納車開始時期は17年後半になる予定だが、来月の初めに特別販売キャンペーンを発表するので、その時にもう少し詳しい話ができると思う」

商品構成に関しては「昔からのV8のマッチョなカマロに乗りたいというお客様もいるが、それ以外にも、もっとスマートで日常でも運転できるスポーツカーが欲しいという方にも乗って頂きたい」とし、V8モデルに加えて4気筒2リットルターボモデルも導入する見通しを示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日産が専用のサスペンションやコンピュータを搭載した『NOTE e-POWER NISMO』を発売
冬ボーナス、中小企業は平均27万7,086円 - 昨年に比べ改善
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加