最新ランキングをチェックしよう
70代からの生き方、現代版「伊能忠敬モデル」

70代からの生き方、現代版「伊能忠敬モデル」

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2017/10/11

早雲寺殿二十一箇条は、戦国大名の走り、北条早雲の人生訓、と伝えられている。曰く、「少の隙あらば物の文字のある物を懐中に入れ、常に人目を忍びて見るべし。寝ても覚めても手なざれば文字忘れる事あり。書くことも同じき事」。早雲は壮年期を過ぎてから戦国人としての本格的な活動を始め、齢80にして後北条氏5代にわたる西関東支配の礎をつくった人物とされている。本当はもっと若かったらしいが、人生50年とされた当時に

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「深夜に晩ゴハン食べる生活」を5年間続けた結果がエグい! 標準体型の人でもこうしてデブになる
AV男優・森林原人が「娯楽としてのエロ」を指南! モテより、まずクリアすべき”3F”とは?
2018年の税制激変で「一番損する人」と「得する方法」
8歳の娘が描いた絵画があまりに「画力ありすぎる」と海外で話題に!
鉄拳さんのパラパラ漫画、これまた泣ける。自分を見つめ直したくなった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加