東京為替:ドル伸び悩み、OPEC総会の行方を見極める展開

東京為替:ドル伸び悩み、OPEC総会の行方を見極める展開

  • FISCO
  • 更新日:2016/11/30
No image

株式会社フィスコ

ドル・円は、112円11銭近辺で推移。日経平均株価は小幅高で推移しているが、株高を意識したリスク選好的な円売りは増えていないようだ。市場関係者の間では石油輸輸出国機構(OPEC)総会の会合結果に対する関心が高いようだ。減産合意は難しいとみられているが、増産凍結で合意できれば原油価格が大きく売られる可能性は低いとみられている。ここまでのドル・円の取引レンジは112円10銭から112円54銭。
・ユーロ・円は堅調推移、119円52銭から119円83銭で推移
・ユーロ・ドルはやや下げ渋り、1.0646ドルから1.0655ドルで推移

■今後のポイント
・112円近辺で個人勢のドル買い興味残る
・113-115円で輸出企業などのドル売り予約

・NY原油先物(時間外取引):高値45.39ドル 安値45.22ドル 直近値45.32ドル

<MK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東京メトロ、銀座一丁目駅に全国3例目のふるさと納税支援自動販売機を導入
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
レクサスの新型『LS』は先進テクノロジー満載のフラッグシップセダン
高齢者の運転、家族がスマホで「見守り」 認知症にも気づきやすく オリックス自動車
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加