吾妻ひでおさん死去「失踪日記」「ななこSOS」型破り漫画家 69歳食道がんで闘病していた

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/10/23

「失踪日記」で知られる漫画家の吾妻ひでお(あづま・ひでお、本名日出夫=ひでお)さんが13日未明、東京都内の病院で死去した。69歳。北海道出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻紀三代(きみよ)さん。食道がんで闘病していた。

1969年デビュー。テレビアニメ化もされた「ななこSOS」や、「ふたりと5人」などのギャグ漫画、「不条理日記」などSF・不条理をテーマにしたマニアックな作品でも注目された。2度の失跡、アルコール依存症での入院などで、漫画執筆が何度も危ぶまれた。2005年出版の「失踪日記」は、同年の日本漫画家協会賞大賞などに選ばれた。

デビュー以来、一貫して美少女を描き、現在の「おたく文化」の源流として再評価されていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
枯れ専女子高生の気になる人は、未来からやってきた“時かけおじさん”?連載開始
警察官の男性と家出令嬢の微妙な距離感描く、コテリのオールカラー作品集
都市伝説:パンドラの箱、開けちゃってるよね。ヤバいでしょ!な一幕 四コマサボタージュ第50回「自室の侵入者」
『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』迫力満点の「発売記念イラスト」はどのように描かれたのか?その制作に迫るメイキング映像公開!
レシピ本「おうちで深夜食堂」が発売 トークショーも開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加