Fitbit初のスマートウォッチ「Fitbit Ionic」が日本上陸! バッテリーは最大5日

Fitbit初のスマートウォッチ「Fitbit Ionic」が日本上陸! バッテリーは最大5日

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2018/01/11
No image

Image:PR TIMES

ややレトロフューチャーなところも好き。

2017年末に海外で発売されたFitbit社初のスマートウォッチ「Fitbit Ionic(フィットビット アイオニック)」が、ついに日本にやってきました! 海外では米Gizmodoのライターもレビューしていましたが、アクティビティトラッカーの雄たるFitbitのスマートウォッチとなれば、待ってましたな人も多いことでしょう。

GPSを搭載し、5気圧までの防水機能を備えたFitbit Ionicは、ランニングや水泳にダイレクトに臨めます。歩数、距離、消費カロリー、心拍数はもちろん、睡眠計測もバッチリ。血中酸素濃度を予測する相対SpO2センサーを新たに導入し、将来的には睡眠時無呼吸などの監視も可能だそう。寝ている間の健康状態が、より明らかに。

一方スマートウォッチとしての側面は、2.5GBの容量に音楽を保存したり、スマホのあらゆる通知を飛ばしたり、日本未対応なのが悔やまれるFitbit Payでの支払いができるといった具合。バッテリーが最大5日もつというのも、いかにもスマートウォッチとトラッカーのミックスらしいスタミナですね。バンドも付け替えができます。

あと、ダサいと言われてるデザインも、これけっこう粋だと思うんです。Apple Watchとはかけ離れた角張ったベゼルに、絶妙なカラーリング。いかにも、電化製品ちっちゃくしましたよーっ感というか、テクノロジーのドヤみが薄いというか。それでいて堅実な性能っていうのが職人気質っぽくて好き。

価格は3万6000円、発売日は2018年1月18日(木)でAmazonや全国の家電量販店で購入できます。また先行予約は、1月11日(木)よりAmazon、ビックカメラ.com、ヨドバシ.comで開始しています。カラーはブルーグレー&シルバー、スレートブルー&バーントオレンジ、チャコール&グラファイトグレーの3色展開です。

Image:PR TIMES
Source:PR TIMES,YouTube

ヤマダユウス型

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「300円とは思えない音」...ダイソーのミニスピーカーに高評価続々
超人気アダルトサイトが2017年をまとめた統計レポートを公開、日本人ユーザーのフェチも明らかに
米グーグルのハッカー集団を震撼させた「インテル事件」の深刻度
Google、スマホの画面をスピーカーに
元戦闘機乗りが大解明! ペンタゴンが公開したUFO動画の謎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加