小学生でも解けるけど超難問? □に入る数字はなんでしょう

小学生でも解けるけど超難問? □に入る数字はなんでしょう

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/11/12
No image

ふやけた頭をスッキリさせる、今日のクイズのお時間です。□に入る数字はなんでしょう?

じっくり考えたら答えは次のページに。

Q1の解答

どんどん増えていることは分かりますが、増え方が不自然ですね。何が足されているのでしょうか。

【答】数字のそれぞれのケタに注目すれば答えが見えてきます。それぞれのケタの数字の和を元の数字にたすと、次の数字になります。正解は70+7+0で「77」。

Q2の解答

減ったり増えたりと、これはなかなかつかみどころのない難問です。小学校高学年くらいで習う、あるものに注目します。

【答】その数の約数を書きならべ、元の数以外の合計をとると次の数になります。(例. 34の次は1+2+17=20) 7の約数は7以外では1なので、正解は「1」。このような数列にはアリコット数列という名前が付いています。

ちなみに、このルールでは6の次は1+2+3=6となりその数自身になります。このような数は「完全数」と呼ばれ、数えるほどしか見つかっていない非常に珍しい数。

他にも220と284はお互いがお互いの次の数になり、「友愛数」と呼ばれていたりと(面白いネーミングですね)、数学的にも興味深いお話がたくさんあります。興味のある方は調べてみてくださいね。

制作協力

花まるラボ

思考力を育てるアプリ「Think!Think!」運営

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あなたの“干物女度”を5つの項目から診断!乙女心がカラカラかも...
山田優ヤバイ!衝撃的な「激ヤセ」写真公開でファン「気持ち悪い」と酷評。
「残業するな」「いいから帰れ」 会社員の4割が“ジタハラ”に悩み 高橋書店の調査
なぜ100円ショップのセリアは「客層分析」をやめたのか?
目を逸らすな。「とんねるず」問題の裏で自殺を考えた人のいる現実
  • このエントリーをはてなブックマークに追加