清野菜名&横浜流星のアクションシーン、日テレYouTubeで公開

清野菜名&横浜流星のアクションシーン、日テレYouTubeで公開

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/01/24
No image

女優の清野菜名と俳優の横浜流星が、読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(毎週日曜22:30~)で披露したアクションシーンが、日テレ公式YouTubeチャンネルで公開された。

第1話では、冒頭から清野演じるミスパンダのアクションシーンが登場。複数の男たちに取り囲まれながら、回し蹴りを連発し、華麗なバク転を見せつけ、驚異的な身体能力で、視聴者を圧倒した。

放送後は「アクションシーンもっと見たい!」「清野菜名ちゃんのアクション、見てて気持ちいい!」「キレキレのアクション好き!」など、清野のアクションへのコメントが多く寄せられた。

前回放送の第2話では、期待されていたミスパンダと飼育員さん(横浜)のアクションシーンが。暇を持てあましていたミスパンダが、飼育員さんのアジトへ。蹴りやパンチを繰り出すミスパンダをいなすように、華麗に受け流す飼育員さんが織りなす2人のアクションシーンに、「ダンスを見ているみたい!」「ミスパンダとのアクションシーンからのお姫様抱っこ!」「もっと見ていられる」「何度もリピートしている」など反響を呼んだ。

今回は反響が大きかったシーンを、日テレYouTubeチャンネルで配信。24日から第1話分、25日20時から第2話分が公開される。さらに、25日深夜には、事前PR番組『日曜ドラマ「シロクロ」の謎を解け!』を放送し、アクションシーン撮影の裏側を紹介。そのメイキングの一部も、日テレ公式YouTubeチャンネルで配信予定だ。

次回の第3話は、26日に放送される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
恋愛経験ゼロの21歳が、リアル恋愛ドラマで毎回キス!「“私で大丈夫ですか?”という気持ちでスタートしましたね」
『恋つづ』原作者、上白石萌音に太鼓判「七瀬のイメージにぴったり」
松岡昌宏主演「家政夫のミタゾノ」第4弾が4月放送
千葉雄大&白石麻衣『教えてもらう前と後』スペシャルMCに!スマホに潜む危険なワナに迫る
水原希子がMC初挑戦「ドキドキの連続でした」 鶴瓶&今田とタッグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加