【ミラン番記者】本田圭佑が完全に「置いてけぼり」を食う...

【ミラン番記者】本田圭佑が完全に「置いてけぼり」を食う…

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2016/11/30
No image

ここ3試合で4ゴール・3アシストと目下絶好調のスソ。本田の出る幕はないか。写真:Alberto LINGRIA

No image

エンポリ戦で2ゴールを挙げたラパドゥーラ。少ない出場時間でしっかり結果を残している。写真:Alberto LINGRIA

No image

先のエンポリ戦で4試合連続の出番なしに終わった本田。好調のチームにあって「置いてけぼり」の状態に……。(C)Getty Images

ミランの今シーズンのトップチーム登録数は28名。その全員を満足させるには、一つのリーグだけでは不十分だ。試合は少ないというのに、選手の数が多すぎる。

しかし、それでも指揮官のヴィンチェンツォ・モンテッラは、どうにか選手たちから不満が出ないようにと策を講じている。14節を終えてユベントスに次ぐ2位(ローマと同勝点)という幸せな状況を一人でも多くの選手と共に分かち合い、よりチームをひとつにまとめたいと考えているのだ。

そのため多少のターンオーバーを導入しているし、怪我や出場停止で試合に出られない選手がいる時は、できるだけ普段はプレーしていない選手を代わりに使おうとしている。

例えばジャンルカ・ラパドゥーラやマリオ・パシャリッチ、マティアス・フェルナンデス、グスタボ・ゴメス。彼らはつい数週間前まで特別な緊急事態が起こらない限りは、ピッチで姿を見ることができなかった選手たちだ。それがここ最近で、彼らの出場時間が目に見えて増えてきている。

この4選手の共通点は、今夏に入団したニューカマーであるということ。名前を見るとこの夏の補強がいかに芳しいものでなかったことが分かるが、しかしとにかくここにきて、やっと彼らも計算できるようになってきた。

新戦力4人が起用されるようになったのは、コンディションが上がってきたからだし、モンテッラの戦術メカニズムに馴染んできたでもある。しかし、やはり一番の理由は、先にも述べたようにモンテッラが13、14人だけでチームを回すのを止めたことにある。

所属する選手全員で同じ意識を持ち、一致団結して戦う――。言うまでもなく、長いシーズンを乗り切るうえで非常に大事な要素だ。

しかし、完璧ではない。まだミランの大きなうねりに、「置いてけぼり」を食う選手たちがいるのだ。そのうちの一人は我々がよく知っている、本田圭佑である……。

モンテッラの脳内ヒエラルキーが低い本田を取り巻く状況は、いまだなんの変化もない。14節までのプレー時間はわずか80分間(先発1試合、途中出場2試合)で、これは28人のうち21位である。 これにはさらに説明が必要だろう。彼より順位が低い7人のうち、まずガブリエウとアレッサンドロ・プリッザーリは第2、第3のGKだ。いずれもここまでプレータイムはゼロだが、正守護神ジャンルイジ・ドンナルンマに怪我や出場停止など不測の事態が起きない限り、出番がないのは当たり前である。

57分のM・フェルナンデスはモンテッラのフィオレンティーナ時代からのお気に入りで、本格的にコンディションが上がればすぐに順位を上げてくるだろう。実際、11月26日のエンポリ戦(セリエA14節)はスタメンで起用された。残念ながら怪我ですぐにベンチに退いたが……。

アンドレア・ベルトラッチ(5分)とクリスティアン・サパタ(0分)は、長く負傷欠場していたため仕方がない。もし彼らがずっとベストコンディションだったならば、多くのプレータイムを得ていたはず。すでに両者ともベンチには復帰しているため、遠からず本田のプレータイムを上回るだろう。

では残るのは? いずれも出番ゼロのロドリゴ・エリーとレオネル・バンジョーニ。彼ら2人だけが、本当に本田より順位が下だ。

下部組織出身であるブラジル人CBのR・エリーは、武者修行から戻って2年目の今シーズンも苦しんでいる。昨シーズンの開幕戦で忘れてしまいたいようなセリエAデビューをして(イエロー2枚で退場)、シニシャ・ミハイロビッチ(現トリノ監督)に見切りをつけられ、今シーズンのモンテッラにおいては試そうともしていない。おまけにコンディションも良くないとあって、序列はまさに最下層だ。

アルゼンチン代表歴もある左SBのバンジョーニも、状況は似たり寄ったりだ。アドリアーノ・ガッリアーニ副会長が得意の移籍金ゼロ(リーベルと契約満了)で連れてきた選手だが、モンテッラを満足させるにはいたらなかった。

その扱いに彼の代理人はかなり立腹しており、「バンジョーニはエキストラをするためにミランに来たわけではない」とミランを公然と批判しているが、その効果はまるでない。 これで本田の真の「逆境仲間」が誰なのか、分かっていただけただろう。半ば戦力外のR・エリーとバンジョーニという2人だけだ。

本田は先のエンポリ戦でも、1分たりともプレータイムがなかった。これで4試合連続の出番なし、14試合で10回目のただベンチを温めただけの試合である。

本田は時に、数か月前にモンテッラが語った言葉を思い出すかもしれない。

「私は誰のことも疎外したりはしない。全ての選手にチームの力になるチャンスは与える」

あの発言はなんだったのだと、そう思うこともあるだろう。しかし、思い出してほしい。モンテッラは本田にもチャンスを与えた。10月25日のジェノア戦(セリエA10節)でスタメンに抜擢したのだ。その試合で散々なパフォーマンスを見せたのだから言い訳はできない。

例えばラパドゥーラは、カルロス・バッカがコンディション不良で欠場したエンポリ戦で、2ゴールという目に見える結果を残した。本田と違ってチャンスをしっかりモノにしたのだ。

そもそも、今のモンテッラに盾突くのは不可能だ。なぜなら結果を出している監督には、誰も何も言えないからだ。

セリエA14節を終えてミランはローマと並ぶ2位。首位のユベントスとはたったの4ポイント差だ。ここまで9勝を挙げ(2分け3敗)、モンテッラはチームにやる気と自信、サポーターに情熱を取り戻させている。まさに奇跡が起きたような変身ぶりだ。

最後のスクデットを獲得したシーズン(2010-2011)から、ミランが14節時点でこれほど多くの勝点(29ポイント)を取ったことはない。1試合の平均獲得ポイントは2を超える。チャンピオンズ・リーグ出場権獲得(セリエA3位以内)はもはや夢ではない。

モンテッラの博打は、ことごとく当たっている。18歳マヌエル・ロカテッリの登用以上にビッグヒットだったのが、今夏にジェノアからレンタルバックしたスソの主力抜擢だ。スペイン人アタッカーは、エンポリ戦でも1ゴール・2アシストを記録し、勝利の立役者の一人となった。

スソはここ3試合で4ゴール・3アシスト。その間にミランが挙げた8ゴールのうち、オウンゴールを除くすべてに絡んでいる。それが本田のライバルである。本田がスソからポジションを奪うなど、今やお伽話よりも非現実的なシナリオだ。

この状況を覆すウルトラCを捻り出すことは、もはや誰にとっても難しい。契約満了を迎える来年6月よりも前、つまり1月の移籍市場で本田がミランと袖を分かつ可能性は日に日に高まっている。

現在は中国リーグ、MLS、プレミアリーグへの移籍話が毎日のように流れている。とはいえ、私の耳にはまだ具体的な話は入ってきていない。はたして本田は、どこにいくのか?

文:マルコ・パソット(ガゼッタ・デッロ・スポルト紙)
翻訳:利根川晶子

【著者プロフィール】
Marco PASOTTO(マルコ・パソット)/1972年2月20日、トリノ生まれ。95年から『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙で執筆活動を始める。2002年から8年間ウディネーゼを追い、10年より番記者としてミランに密着。ミランとともにある人生を送っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本田のFKからラパドゥーラが決勝点...ミランが昇格組相手に辛くも逆転勝ち
ボランチ高徳が初アシスト!!今季初勝利のHSV、高徳のキャプテン就任後は3戦無敗
イブラがスーパーゴール決める! マンUは終盤に追いつかれリーグ戦3試合連続ドロー
リバプール、リードするも土壇場で逆転許し敗戦。公式戦無敗記録は15でストップ
ペップ 元教え子セスクを無視
  • このエントリーをはてなブックマークに追加