【神戸製鋼データ改竄】鋼線や特殊鋼など9製品でも不正判明 川崎社長「不適切な行為あった」

【神戸製鋼データ改竄】鋼線や特殊鋼など9製品でも不正判明 川崎社長「不適切な行為あった」

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/10/13

神戸製鋼所は13日、一連の性能データ改竄問題で新たに鋼線や特殊鋼など9製品でも、不適切行為が確認されたと発表した。同社が12日時点で「不正はない」と説明していた鉄鋼製品にも問題が広がった。また、アルミ・銅製品でも新たな不正が見つかった。顧客との間で取り交わした性能検査の一部を実施していなかったり、検査データを書き換えたりしていた。現時点で業績への影響は不明としている。

川崎博也会長兼社長が同日午後5時から都内で会見し、「不適切な行為でユーザー様、消費者の皆様に多大なご迷惑をおかけしており、改めておわび申し上げます」と陳謝。集まった報道陣約300人を前に詳細な説明を行っている。

No image

性能データの改竄問題などで会見する神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長(左から2人目)ら=13日午後、東京都港区(飯田英男撮影)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ワンデーアキュビュー」約3万箱、自主回収へ
テルモの医薬品工場 機械に上半身挟まれ男性死亡
銀座のど真ん中で「カート」事故 観光の韓国人男性
飲酒暴走「ルールまるで無視」 運転の男に懲役17年
「ニュース見てないんか」「息子やろが」 東名追突死亡事故、デマ拡散で無関係企業に嫌がらせ 暴走する“ネット私刑”の恐ろしさ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加