森田理香子57位、有村智恵20位浮上 最終QT

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01

<ファイナル・クオリファイングトーナメント(最終QT)>◇第3日◇1日◇千葉・東急セブンハンドレッドC東C

女子ゴルフの来季ツアー出場権をかけた最終QTが行われた。

13年賞金女王の森田理香子(26)はイーブンパーの通算6オーバー。57位と浮上のきっかけはつかめなかった。

ベイブ・リュウ(23=台湾)が67で回り、2位に4打差の通算10アンダーで首位に浮上した。

4打差の2位に福田裕子(35)、5打差の3位に武尾咲希(22)ら3人、6打差の6位に山田成美(26)ら3人が続いている。

7月のプロテストでトップ合格した永井花奈(19)が通算1アンダーの17位。ツアー通算13勝の有村智恵(29)が同イーブンパーの20位。ツアー通算9勝の諸見里しのぶ(30)は2アンダーとやや持ち直し、同4オーバーの45位となっている。

その他、一ノ瀬優希(28)が同3オーバーの37位。香妻琴乃(24)は同5オーバーの48位。この日だけで5オーバーと崩れた北田瑠衣(34)は同9オーバーの80位だった。

最終QTは4日間72ホール競技で行われ、例年の実績では35位前後までなら来季ツアーにほぼフル参戦できる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
GP&QCカウントダウンコラム8
デイリースポーツ
ボミ、大会史上初3連覇狙う!日立3ツアーズ選手権11日開催
松森彩夏「来年は賞金女王争い」 パワー増へ体重増やす
倉本会長ドタバタ出場「はいてきたズボンそのまま」
13年賞金女王・森田理香子、シード権喪失も「変えられるのは自分と未来」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加