ヒップホップ×青春映画がテーマの1日限定上映、日本初公開「KICKS」ほか1本

ヒップホップ×青春映画がテーマの1日限定上映、日本初公開「KICKS」ほか1本

  • ナタリー
  • 更新日:2017/08/13

「ヒップホップ×青春映画」と銘打った上映イベントが、8月20日に東京・ユーロライブにて開催される。

No image

「KICKS/キックス」

すべての写真を見る(全4枚)

No image

これは、日本初公開の「KICKS/キックス」と、2016年の第29回東京国際映画祭ユース部門にて上映された「アメリカから来たモーリス」を1日限定で2回ずつ上映するもの。ヒップホップやアメリカ文化に造詣が深いライターの長谷川町蔵を迎えたトークショーも行われる。「ムーンライト」のマハーシャラ・アリが出演している「KICKS/キックス」は、米カリフォルニアを舞台にした物語。エア・ジョーダンを地元ギャングに奪われた黒人少年ブランドンと仲間たちが、危険な道に足を踏み入れていく。ラッパーのジャーキン・ギロリーが主演を務めた。

No image

2016年に行われたサンダンス映画祭の審査員特別賞を受賞した「アメリカから来たモーリス」では、アメリカからドイツの町に越してきた黒人少年モーリスがラッパーになるまでの道のりがつづられる。

前売り券はPeatixにて販売中。当日券は12時30分より会場で販売がスタートする。

ヒップホップ×青春映画

2017年8月20日(日)東京都 ユーロライブ
<上映作品>
「KICKS/キックス」
「アメリカから来たモーリス」
料金:各1500円
<上映スケジュール>
13:30~「アメリカから来たモーリス」
15:25~「KICKS/キックス」※上映後、長谷川町蔵トークショー
18:00~「アメリカから来たモーリス」
19:55~「KICKS/キックス」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マッチ棒で描かれた戦争アニメーション。恐ろしい結末の発想と表現力がスゴい。
呪怨は4位!「人生で一番怖かった映画」1位は?
トム・クルーズさん重傷=スタントに失敗-英
ダニエル・クレイグ、『007』ボンド続投を認める!「待ちきれない」
満島ひかりが女優としての「覚悟」を見せた映画「海辺の生と死」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加