最新ランキングをチェックしよう
憧れの存在には、いつまでも輝き続けてほしい。哀歓系コメディ『ピンカートンに会いにいく』

憧れの存在には、いつまでも輝き続けてほしい。哀歓系コメディ『ピンカートンに会いにいく』

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2018/01/19

自分がブレイクできずにいるのは、事務所の営業努力のなさやプロデューサーたちに見る目がないからだ。映画『ピンカートンに会いにいく』の主人公・優子(内田慈)はそう思い込むことで、芸能界の片隅で辛うじてこれまで生きてきた。オーディションに落ちる度に、周囲に毒を吐く人生だった。アルバイトをしながら、タレント&女優として成功するという夢にしがみついてきたものの、30代も後半となり現実のシビアさが肌身にヒリヒ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
カギ握る山下りの攻防=57分台の「神」出現なるか-箱根駅伝
有吉&マツコが語る“上司とうまくコミュニケーションを取る方法”に「名言いただきました」と感銘の声
子猫を拾ったものの、家には大型犬がいるので飼えない。。しかし翌日の心温まる光景を見て飼うことを決心する!
ジャニーズに残留した元SMAPに明暗 中居正広と木村拓哉に真逆の結果が突き付けられたワケ
新垣結衣が「犠牲」となった『獣になれない私たち』最終回に不満が続出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加