新元素「ニホニウム」に正式決定 アジアから初の命名

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/12/01

理化学研究所は2016年11月30日、同研究所のグループが発見した「113番元素」の名称が「ニホニウム(nihoniumu)」に正式に決まったと発表した。

同元素は九州大学の森田浩介教授を中心とするグループが2004年に人工的に作り出すことに成功。化学に関する国際機関、国際純正・応用化学連合(IUPAC)が15年12月に正式に元素として認定し、グループが提案した「ニホニウム」という名称が採用された。元素記号は「Nh」になる。

新元素のアジアからの提案で命名されるのは初めて。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「自動ブレーキ」最下位の車は... 国交省が11車種をテスト
ユニクロに1年潜入取材してみた!
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
トヨタ「ルーミー・タンク」1カ月で3万5000台受注
  • このエントリーをはてなブックマークに追加