【柏】極寒の韓国で国内屈指のスピードスター・伊東純也が得た教訓とは何か?

【柏】極寒の韓国で国内屈指のスピードスター・伊東純也が得た教訓とは何か?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/02/14
No image

後半は単独での突破から見せ場も作ったが、ゴールに絡むプレーは見せられなかった。(C) Getty Images

No image

ACLデビューとなった全北現代戦。柏では初のアジアの舞台で、伊東が感じたこととは?(C) Getty Images

[ACLグループステージ1節]全北現代 3-2 柏/2月13日/全州

前半で2点のリードを奪いながら、後半だけで3失点。柏は痛恨の逆転負けでACLは黒星スタートとなった。

ACLプレーオフのムアントン・ユナイテッド戦と、ちばぎんカップの千葉戦の2試合で全得点に絡んだ伊東純也は、自身初挑戦となったアジアの舞台で感じたことをこう述べている。
「凍っているピッチでやったのは初めてだったし、難しさがあった。相手がどうというよりは、環境の違いを感じた」

韓国の全州市は試合前日まで氷点下を記録し、試合前日には雪も降った。当日になり雪はやんだものの、19時30分キックオフのナイトゲームの寒さにピッチは凍りついていた。

ムアントン・U戦、千葉戦の2試合でハイパフォーマンスを見せていた伊東には、全北戦でもサイドを疾走してチャンスメイクやゴールに絡む活躍が期待されたが、伊東が「今日はサイドに開いて足もとで受けた場面は一度もなかった」と振り返ったように、伊東が全北の左SBキム・ジンスと1対1になる局面は皆無だった。ただ、それは伊東が相手に抑えられたというよりは、柏がチームとして伊東を活かす攻撃の形へと持ち込めなかったところに大きな原因がある。

柏は4度目のACL出場も、大谷秀和、クリスティアーノ、キム・ボギョンを除くほとんどの選手にとってACLは未知の領域。また、下平隆宏監督もACL初采配だ。難しいアジアのアウェー戦、しかも“韓国最強王者”の全北がJリーグにはない強度のハイプレスをかけ続けてくる。初めてACLを体感する選手たちにとっては、おそらくJリーグを戦うような精神状態にはならなかったのだろう。

特に後半は、2点のビハインドを跳ね返すべく圧力を強めてきた全北のハイプレスと激しい球際のバトルで後手に回り、従来の丁寧なビルドアップでプレスを回避するどころか、クリアをして逃げてはセカンドボールを拾われ、2次攻撃、3次攻撃を浴びてしまった。そこに凍ったピッチ状況も相まって、柏は本来の姿で全北と対峙することができず、その結果、伊東にドリブルを仕掛けさせる得意の形へ持ち込めなくなった。柏の最大の武器である“右サイドの翼”は、機能不全に陥った。 だが、それでも伊東は単独で見せ場を作った。65分には、全北GKのビルドアップのミスを見逃さず、途中で相手のパスをインターセプト。そのまま敵陣に切れ込んでキム・ボギョンの決定機を演出し、試合終盤には自陣からのドリブルで全北の複数のマーカーを振り切る彼らしさも見せた。

「今日のようなピッチがあったら、それに対応して、リスクを冒さず蹴るところは蹴って、つなげるところはつなぐ。その両方できればいいと思う」

試合後に語った伊東の言葉から察すれば、手痛い逆転負けは喫したが、それとは引き換えに教訓を得た。大きな代償だったかもしれないが、重要なのはこの教訓を次の試合に繋げられるかどうかだ。そして、伊東は早くも次週(20日)のホーム・天津権健戦へ照準を合わせる。

「次の試合は自分たちのサッカーをして、相手に合わせず、いつもどおり崩していきたい」
敗れたとはいえ、ACLは始まったばかり。挽回のチャンスは十分に残されている。

取材・文●鈴木 潤(フリージャーナリスト)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「Jリーグ王者の実力が...」韓国メディアは蔚山現代vs川崎戦をどう報じたのか
五輪の観客に紛れる「ホワイトフレンズ」とは誰?
ウォール・ストリート・ジャーナル
渡部暁人スキー接触の不運、独3選手に苦戦も予想
“仲間置き去り”の韓国女子パシュート選手、涙の謝罪会見もうそだった?=韓国ネットの怒りもヒートアップ
スピードスケートで北朝鮮が妨害行為。日本を巻き添えにするつもりだったのかと非難の声。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加