レイプされた少女のトラウマ...リアルすぎる主観映像『私は絶対許さない』4月公開へ

レイプされた少女のトラウマ...リアルすぎる主観映像『私は絶対許さない』4月公開へ

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2018/01/12
No image

『私は絶対許さない』ポスタービジュアル - (C)「私は絶対許さない」製作委員会

15歳の元日に集団レイプの被害に遭い、加害者の男たちへの復讐だけを胸に生きてきたという雪村葉子による衝撃的な手記を基に実写化した映画『私は絶対許さない』が、4月7日よりテアトル新宿ほかにて全国公開されることが明らかになった。

本作では、主人公目線ですべてが撮影される完全主観撮影でレイプシーンなどはよりリアルに描かれており、今回公開された特報映像からも被害者の恐怖や悲しみ、そしてトラウマがまざまざと伝わる仕上がりとなっている。監督は、『受験のシンデレラ』『「わたし」の人生(みち) 我が命のタンゴ』などの作品を手掛け、精神科医の肩書も持つ和田秀樹が担当している。

主演の平塚千瑛は、撮影中は全裸で演じなければならない場面もあったそうで「今までに感じた事のない緊張感と不安で心臓が押し潰されそうになり感情のコントロールが出来ず涙が止まらない時もありました」と述懐。だが、それでも臨んだ本作への思いは強く、「この映画に出てくるような犯罪は表に出てくるのはほんの氷山の一角に過ぎません。決して許されないこのような犯罪の被害に遭ってしまった主人公がトラウマにどう立ち向かうか、過去とどう向き合って生きていくのか、是非劇場でご覧頂きたいと思います」と呼び掛けた。

またヒロイン・葉子の少女時代を演じた西川可奈子は「この話が事実である事に、同じ女性として怒りと恐怖、悲しさに包まれ、同時に葉子さんの生きる芯の強さに驚愕し、想像以上の重責を感じながら撮影に挑みました。今回の主観撮りでは、目線・呼吸・心情をカメラマンさんと一心同体となって葉子自身を表現しています。だからこそ見えるリアルさや目を覆う程の恐怖もこの映画では感じる事ができる筈です」と述べていた。

本作には彼女たちのほか、隆大介佐野史郎美保純友川カズキ白川和子吉澤健三上寛奥野瑛太川瀬陽太南美希子児島美ゆき東てる美が出演。脚本は、『キャタピラー』『花芯』などの黒沢久子、撮影監督は『ラヂオの時間』の高間賢治。編集は北野武作品を手掛けてきた、日本アカデミー賞最優秀編集賞を受賞した太田義則が務める。(編集部・井本早紀)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1月22日の注目映画第1位は『不能犯』
何ちゅう発想! 鉛筆の音だけで『スター・ウォーズ』のテーマ曲を奏でる動画が天才すぎる
知的障害を持つ少年との友情描く「バケツと僕!」紘毅と徳永ゆうきが共演
【衝撃】タイムトラベラーが西暦6000年に撮影した未来写真が公開される! 4000年後は想像を絶する“バラ色の世界”だった!?
次元役声優・小林清志や杉井ギサブローら11名が東京アニメアワード功労部門で受賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加