最新ランキングをチェックしよう
母親を殺しそうになって自覚...幻視、幻聴や妄想と闘う“統合失調症患者の日常”

母親を殺しそうになって自覚...幻視、幻聴や妄想と闘う“統合失調症患者の日常”

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2019/01/13

『統合失調症日記』(木村きこり/ぶんか社)
「みんなが自分の悪口を言っている」「盗聴器が仕掛けられている」…こうした被害妄想や幻覚が現れる「統合失調症」は、思春期や青年期などに発症することが多いとされる慢性的な精神疾患。薬を服用しながら病状をコントロールし、日常生活が営めるように治療していくが、完治は難しいとされている。
あわせて読みたい:悪気はないのに、真面目に頑張っているのに…「大人の発達障害

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スーパーに落とし物を問い合わせした男 まさかの中身に「気持ち悪い...」と衝撃
花粉ブロックスプレーの効果、使用感は? 厳選4アイテムを試してみました!
『月曜から夜ふかし』東京23区で最も家賃相場が安い駅を発表 マツコも「最果ての地」と納得
話題の「レズビアン風俗」鑑賞をノンケ女子が体験。美しすぎる...
夫の不倫相手に会って驚き。「あなたならいいわ」と39歳妻が許した理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加