最新ランキングをチェックしよう
子どもの「自殺」を防ぐために親ができることとは? 最新研究で明らかに

子どもの「自殺」を防ぐために親ができることとは? 最新研究で明らかに

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2016/10/20

子どもを亡くすことは、非常に悲しいことです。その死因が自殺であれば、悲しみだけではない、強い痛みや苦しみをもたらします。
アメリカ疾病予防管理センターによると、5〜11歳の子ども100万人当たり、自殺で死亡するのは2人以下。
また青年期(12〜17歳)の子どもに関しては、100万人当たり約52人となっています。アメリカでは平均して、12歳以下の子どもが毎年約33人自殺しているそうです。
子どもは自

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
空き缶も貫通! 危険すぎる「つまようじボーガン」が中国の子どもたちの間で大流行中
ロンドン高層住宅5棟の住民が一斉避難、大火災受け安全性懸念
パリ観光バスが橋に激突、高過ぎて通れず 4人けが、うち1人重傷
小出恵介淫行騒動で大阪府警が少女の背後にいる「大人」をマーク
大流行「ハンドスピナー」が“夏の危険”ワースト10入り 米消費者監視団体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加