日本航空石川vs木更津総合

日本航空石川vs木更津総合

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2017/08/15

日本航空石川が木更津総合・山下を攻略!9回二死から逆転勝利!!

No image

上田 優弥(日本航空石川) ※写真=共同通信社

試合前に木更津総合のシートノックを見て勝利を確信した。シートノックの巧拙は実力の上下より練習量の多寡をよく表す。平均的評価の日本航空石川に対し木更津総合のシートノックは圧倒的だった。

試合が始まっても木更津総合の走攻守の充実が目立った。走については私が俊足の目安にしている打者走者の「一塁到達4.3秒未満、二塁到達8.3秒未満、三塁到達12秒未満」で比較したい。このタイムをクリアしたのは木更津総合の4人6回に対して日本航空石川は0人。これを見れば木更津総合が敗れるとは思えない。ここまでの試合で木更津総合より多くタイムクリアしていたのは松商学園の5人8回だけ。木更津総合の走力の充実がよくわかる。

ピッチャーはどうだろう。「大会屈指の左腕」と前評判の高い木更津総合山下 輝(3年)はこの試合でストレートの最速が144キロを計測し、平均的にも140~143キロを往来した。この高レベルの安定感はここまでの試合でナンバーワンである。変化球は縦・横のスライダーを使い分け、勝負どころで多投した縦変化のスライダーのキレは「大会屈指」の評価を納得させた。さらに100キロ台のカーブを交えて緩急も作れた。

日本航空石川の先発、佐渡 裕次郎(3年)もよかった。ストレートが最速143キロを計測し、サイドスローらしく横変化のスライダーにツーシームらしき126、7キロで落ちる球も交え、よさが目についた。この佐渡を木更津総合はよく捉えて2回に2点、4回に3点を奪い、5対1というスコアは7回終了まで続いた。

2回の2点は7番山下から1番山中 稜真(2年)までの4連続安打(山中だけ二塁打)で挙げたもので、4回の3点は二死後、2番細田 悠貴(2年)のヒットから始まり、3番峯村 貴希(3年)のタイムリー、4番芦名 望の2ランで挙げた。こういう展開も含めて木更津総合が終盤に失点を積み重ねて敗れるとはとても思えなかった。しかし野球ではそれが時として起こる。

8回表、日本航空石川は1番安保 治哉(3年)から単打の3連打で1点返し、5対2のスコアになったところで「ひょっとしたら」と思わせた。安保は107キロのカーブ、2番三桝 春樹(3年)は142キロのストレート、3番原田 竜聖(2年)は120キロのツーシームかスライダーといった具合に、異なった球種を捉えているのを見て、山下のクセを見破ったのかな、と思わせたからだ。そして9回、日本航空石川は二塁打1本と5本の単打をつらねて4点を奪い、奇跡とも言える逆転劇を実現してしまうのである。野球は本当に何が起こるかわからない。

ちなみに、日本航空石川の佐渡投手は卒業後、硬式野球を続けないという。地元の銀行に就職して軟式で野球を続けるのだという。もったいない話だが、最後のひと花を咲かすという視点で見ると、この日の力投は納得できた。

(文=小関 順二

注目記事

第99回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
シーズン100安打達成回数から見る好打者の系譜...現役最多、歴代最多は?
西武栗山が代打サヨナラ弾「優勝、あると思います」
巨人・山口が書類送検 被害者とは示談成立と球団発表
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加