大森立嗣×井浦新「光」に原作者・三浦しをんがコメント「ものすごい映画だ」

大森立嗣×井浦新「光」に原作者・三浦しをんがコメント「ものすごい映画だ」

  • ナタリー
  • 更新日:2017/09/15

大森立嗣が監督、井浦新が主演を務める「」。このたび、本作の原作小説を手がけた三浦しをんからのコメントと、新たな場面写真が到着した。

No image

「光」新場面写真

すべての写真を見る(全12枚)

No image

本作は、大災害から生き残った3人の男女が25年後に再会し、逃れることのできない運命に翻弄されていくさまを描くサスペンスドラマ。井浦のほかには、瑛太長谷川京子橋本マナミが出演に名を連ねる。

No image
No image

大森の監督作「まほろ駅前多田便利軒」の原作者でもある三浦。彼女は「ものすごい映画だ。役者さんたちがみんな、これまで見せたことのないような表情をして、スクリーンのなかで生きている。容赦がなく、生々しく、でもどこか清らかで貴い。観終わって、大森立嗣監督は天才だなと改めて思った。本当に、ものすごい映画だとしか言いようがない」と本作への思いを語った。また4点の場面写真には、井浦演じる信之や瑛太扮する輔ら主要キャラクターの姿が切り取られている。

「光」は11月25日より全国でロードショー。

三浦しをん コメント

ものすごい映画だ。
役者さんたちがみんな、これまで見せたことのないような表情をして、スクリーンのなかで生きている。容赦がなく、生々しく、でもどこか清らかで貴い。
観終わって、大森立嗣監督は天才だなと改めて思った。
本当に、ものすごい映画だとしか言いようがない。
監督はじめスタッフ、キャストのみなさまに、百個ぐらいシャッポを脱ぎつつ、
心から御礼申しあげます!

(c)三浦しをん/集英社・(c)2017「光」製作委員会

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
リリー・フランキー、演じて分かった障害者の現実
9月24日の注目映画第1位は『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』
ジャッキー・チェンがフェンスを乗り越えるシーンのみを抽出した、アクションスタント映像集
リアル過ぎ!迫真の濡れ場がある映画ランキング
「空飛ぶタイヤ」ディーン・フジオカがスーツ姿披露!ティザービジュアル完成
  • このエントリーをはてなブックマークに追加