柳家小三治の高座復帰に感じた 演者と観客の一体感

柳家小三治の高座復帰に感じた 演者と観客の一体感

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16
No image

高座復帰する落語会の会場に到着した柳家小三治

<ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム>

生もののエンターテインメントは、演者と観客が一体となって作られるものだと、あらためて感じた。

13日夜、柳家小三治が、頸椎(けいつい)手術から約3週間ぶりの高座復帰を果たした。会場入りする時は、首に保護具を着けていた。足取りはしっかりしていたが、そろそろと歩いていた。こちらの姿を見つけると、小さな声で「ありがとね」と言ったが、手術から間もないだけに、さすがに、元気いっぱいとはいかなかった。後で話を聞いた時、小三治が「お客さまの前で声を発することができるかどうか分からなかった」と言っていたのは、大げさではなかったと思う。

高座に上がると、大きな拍手と「待ってました」の掛け声。会場を見渡した後「戻ってまいりました」と言った言葉に実感がこもっていた。観客の温かさと、よく笑う姿を見て、徐々に小三治も、乗っていった。

終わってみれば、まくら30分以上、ネタの「粗忽(そこつ)長屋」と合わせ、約1時間の大熱演だった。

さらに、復帰を祝うため、観客がメッセージカードを書いてくれていた。受け取った小三治は、「こんなにうれしいことはない」と大喜びで、終演後も「本当に、いいお客さんだった。あったかかった。噺(はなし)の心も分かってくれて」。

まだ、首に痛みはあるそうだが、高座では、痛みを忘れていたという。いかに充実した高座だったかが、分かった。帰る時には、会場入りした時には付けていた保護具もなく、声に張りもある。笑顔で「100歳より、もっと生きる」宣言も飛び出した。

観客に元気をもらったのが、ありありと分かった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「落ち着いて」...本塁打後に全力疾走の強打者、投手に制されスローダウン!?
各球団発表、9月21日の引退は?
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
「アレもコレもやらなきゃ!」...でも、ホントに“自分”にしかできないこと?
昨季はマツダでビールの売り子 STU48瀧野「本当に最高」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加