東洋大がコールド勝ち、今大会で勇退の高橋監督「休みたいがもう少しお付き合いする」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/13
No image

6回東洋大1死三塁、左越え2ランを放った東洋大・原沢(背番号13)を笑顔で迎える東洋大ナイン=神宮球場(撮影・中田匡峻)

「明治神宮野球大会・大学の部・準々決勝、東洋大9-1富士大」(12日、神宮球場)

今大会をもって勇退する東洋大・高橋昭雄監督(69)は、投打がかみ合った7回コールド勝ちにご満悦だった。

三回までに4点を奪い、先発・飯田晴海投手(4年・常総学院)、甲斐野央投手(3年・東洋大姫路)のリレーで富士大を寄せ付けなかった。

「打線はよくつないでくれたし、いい展開で進んだね。リーグ戦でもこんな試合はしたことないよ。早く(勇退して)休みたいんだけど、もう1、2日皆さんとおつきあいしないといけないね。選手は『早くあのくそじじい、のけよ』と思っているんじゃない?昨日もバカヤローって言ったしね」と冗談を交えながら、上機嫌で試合を振り返った。

2打席連続本塁打を放った5番・原沢健人内野手(4年・前橋工)については「すごいねえ。1年から使っていたけど、最後に開花したね。就職が決まって、ほっとしたから、バンバンと打っているんじゃないかな。このまま最高殊勲選手をとってもおかしくないよ。新記録(4本塁打)を作ってほしいな」と一層の活躍を期待していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稲葉ジャパン、アジアの頂点へ!決勝戦は巨人・田口が先発
侍稲葉監督、韓国戦も今永起用?お立ち台で爆笑呼ぶ
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
【1位通過一問一答】稲葉監督、決勝へ「韓国も燃えてくると思います。それ以上に気持ちを込めてやっていく」
侍外崎が先制弾「勝つしかない」台湾林政賢打ち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加